この記事を読んでわかること

フライパン一つで作る、豚肉とナスの甘味噌炒めをご紹介します。

豚肉・ナス・甘味噌の組み合わせは、ご飯の食べ過ぎに注意が必要な美味しさ。

また、うどんやそうめんの具材としてもピッタリです。

簡単に出来ますので、ぜひお試しください。

 

 

スポンサーリンク

豚肉とナスの甘味噌炒めで使うキッチン用品

では早速調理の準備をしましょう。今回使うキッチン用品は以下の通り。

  • まな板
  • 包丁
  • フライパン(26cm)
  • 計量スプーン
  • タッパー

 

豚肉とナスの甘味噌炒めで使う食材と調味料

今回使う食材は以下の通り。この分量で3日分になります。

  • 豚小間切     約200g
  • ナス       3本

 

調味料は、以下の通り。

  • 味噌          大さじ2
  • 砂糖          大さじ1/2
  • 料理酒         大さじ1/2
  • ごま油         大さじ1 

 

なお、豚肉に下味をつける目的で、上記とは別に

  • 砂糖          大さじ1/2
  • 料理酒         大さじ2
  • 生姜(チューブのもの) 1㎝程度

も使います。

 

なお、この材料で作ったものは、私の経験上冷蔵庫で3日間保存が可能です。

 

豚肉とナスの甘味噌炒めを作る手順

さて、調理の手順は以下の通りです。

  1. 加熱前のフライパンに豚肉を入れ、砂糖・料理酒・生姜で下味をつける。
  2. ナスを半分に切ったら、その半分を更に6等分する。
  3. 下味をつけた豚肉とナスを炒める。
  4. ナスがしんなりしたら調味料(味噌・砂糖・料理酒)を加える。
  5. 全体をかき混ぜながら炒め、ナスの白っぽい部分がなくなったら出来上がり。
  6. 粗熱を取ったら、タッパーに入れて冷蔵庫で保存。

 

ポイント!

加熱前の豚肉に砂糖や料理酒を加えておくと、

  • 肉を柔らかくする
  • 肉の臭みを消す
  • 香りをつける

といった効果が期待できます。

 

では早速作ってみましょう。

 

タッパーやまな板を除菌する

今回も、出来上がったらタッパーに入れて「作り置き」。

冷蔵庫に保存する目安は、3日間程度ですね。

下準備としてタッパーの除菌は念入りにしておきましょう。

 

毎度のことながら、食中毒対策には十分に留意します。

あわせて、まな板も使用直前に消毒しましょう。

写真の除菌スプレー(ドーバーパストリーゼ77)は、アルコール度数77度

南極観測隊も使用するアルコール除菌剤です。

しかも、直接食品に噴霧もOKな優れモノ。

非常に重宝しています。

 

豚肉に下味をつける

加熱前のフライパンに豚肉を入れ、砂糖・料理酒・生姜で下味をつけます。

加えた調味料は肉と混ぜ合わせ、馴染ませておきましょう。

 

ナスを切る

ナスは縦半分に切り、さらにその半分を6等分する。
(大きさはお好みで結構です。)

 

豚肉とナスを炒める

下味をつけた豚肉とナスを加熱します。

ナスがしんなりするまで炒めてください。

 

ナスがしんなりしたら調味料を加える

豚肉の色が変わり、ナスがしんなりしてきたら調味料を入れます。

スポンサーリンク

 

調味料の分量は、

  • 味噌          大さじ2
  • 砂糖          大さじ1/2
  • 料理酒         大さじ1/2
  • ごま油         大さじ1 

です。

 

全体に馴染ませながら混ぜ合わせる

ナスの白っぽい部分が完全になくなるまで、加熱しながら混ぜ合わせます。

調味料に砂糖が入っていますので、焦げないように気をつけてください。

粗熱が取れたら、タッパーに移して冷蔵庫で保存します。

 

豚肉に含まれる栄養価

こちらをご覧ください。七訂日本食品標準成分表より抜粋しました。

ちなみに栄養価は、「肩ロース」のものです。

エネルギーと栄養素エネルギータンパク質脂質ビタミンB1鉄分
含まれる量256kcal17.7g19.3g0.7mg0.7mg

 

豚肉は、たんぱく質やビタミンB1が豊富な点が特徴的な食材。

部位によっては値段も手頃ですからね。

レシピのレパートリーを増やして積極的に摂りたいものです。

 

うんちく

豚肉には良質のたんぱく質のほか、牛肉や鶏肉に比べて、ビタミンB1が豊富に含まれているのが特徴。

ちなみに、ビタミンB1は、穀物などに含まれる糖質が体の中でエネルギーに変わるときに必要な栄養素

 

 

最後に

美味しいものが出来ても、直ぐに傷んでしまっては食材も作る時間も無駄にするだけ。

そして万一傷んだことに気付かずに口にしてしまったら…。

そんなことにならないように、食中毒対策はしっかりとしましょう。

 

こちらはアルコール度数77度食品に直接噴霧してもOKな除菌スプレーです。

 

 

使い勝手が良く、丈夫で長持ちするフライパンは、一人暮らしの自炊に必須の品です。

ガスのみに対応するものと、IHにも対応するものの2種類ありますのでご注意を。

 

なお、使用頻度の高い調理器具だからこそ、「安物買いの銭失い」はしたくない。

そんなあなたにおすすめのフライパンは、こちらの記事でご紹介しています。

 

一人暮らしならフライパンで十分!自炊するならこの一品がおすすめ

一人暮らしを始める方に、最低限必要な調理器具をご紹介します。 安くない買い物だけに、納得したうえで購入したいですよね。 では、そんなあなたが必要な「最低限必要」な調理器具とは? そして、私がおすすめする調理器具とは?

 

 

この記事が、あなたの健康維持・増進のお役に立てば幸いです。

 

 

スポンサーリンク