この記事を読んでわかること

節約したい時に欠かせない食材の一つが「豆腐」。

その豆腐を使った、豆腐チャンプルーのレシピをご紹介します。

キャベツや豚肉も入りますので、なかなか豪華な一品に。

ご飯のおかずにはもちろん、つまみにもなる豆腐チャンプルー。

フライパン一つで出来ますので、ぜひお試しください。

 

 

 

スポンサーリンク

豆腐チャンプルーで使うキッチン用品

では早速調理の準備をしましょう。今回使うキッチン用品は以下の通り。

  • まな板
  • 包丁
  • フライパン(26cm)
  • 計量スプーン
  • タッパー

 

豆腐チャンプルーで使う食材と調味料

今回使う食材は以下の通り。この分量で3日分になります。
(かつお節の写真を撮り忘れました!申し訳ない…。)

  • 豆腐       一丁(380g)
  • 豚小間切     約100g
  • キャベツ      1/4
  • 卵         1ヶ 
  • かつお節      1パック

 

調味料は、以下の通り。

  • 麺つゆ         大さじ2
  • ウェイパー       小さじ1/2 
  • ごま油         大さじ1         
  • ニンニク(チューブ)  1㎝程度
  • 塩           少々(親指と人差し指で2つまみ程度)
  • こしょう        少々

 

「ん?ウェイパー?」と思われるかもしれませんが、隠し味として使いました。

中華風の味を出したい時に使える、便利な調味料です。

 

なお、この材料で作ったものは、私の経験上冷蔵庫で2~3日保存が可能です。

 

豆腐チャンプルーを作る手順

さて、調理の手順は以下の通りです。

  1. 豆腐やキャベツを一口大に切る。
  2. 豆腐の水切りをする。(今回は茹でて水切りしました。)
  3. 加熱前のフライパンに豚肉を入れ、ごま油・にんにく・こしょうで下味をつける。
  4. フライパンを加熱する。豚肉の色が半分程度変わったらキャベツを投入。
  5. キャベツがしんなりしたら、豆腐と調味料を入れる。
  6. 全体を軽くかき混ぜる。
  7. 粗熱を取ったら、タッパーに入れて冷蔵庫で保存。

 

ポイント!

豆腐チャンプルーを美味しく作るためには、「豆腐の水切り」がポイント!

そこで、いくつかの方法をご紹介します。

茹でる 豆腐を一口大に切った後で2分程度茹でる。茹で上がったらざるにあげて水分を切る
レンジを使う。 キッチンペーパーで豆腐を包み、500wで2~3分間加熱する。
重しをのせる キッチンペーパーで包んだ豆腐の上に重しを置き、30分ほど放置する。

 

 

 

では早速作ってみましょう。

 

タッパーやまな板を除菌する

今回も、出来上がったらタッパーに入れて「作り置き」。

冷蔵庫に保存する目安は、2~3日間程度ですね。

下準備としてタッパーの除菌は念入りにしておきましょう。

 

毎度のことながら、食中毒対策には十分に留意します。

あわせて、まな板も使用直前に消毒しましょう。

写真の除菌スプレー(ドーバーパストリーゼ77)は、アルコール度数77度

南極観測隊も使用するアルコール除菌剤です。

しかも、直接食品に噴霧もOKな優れモノ。

非常に重宝しています。

 

 

豆腐やキャベツを一口大に切る

豆腐やキャベツは食べやすい大きさにカットしておきます。

 

豆腐を茹でて水切りする

今回は、茹でて水切りする方法にしました。

2分程度茹でたらざるにあげて水切りしておきます。

 

なお、豆腐は茹ですぎるとスが入る(小さな穴が出来る)ので注意してください。
(食感が悪くなります。)

 

フライパンに豚肉を入れて下味をつける

豚肉には下味をつけておきましょう。

フライパンに豚小間切を入れて、ごま油、にんにく、こしょうで下味をつけます。

 

豚肉とキャベツを炒める

下味をつけた豚肉を加熱します。

豚肉の色が半分程度変わるまで炒めてください。

 

豚肉の色が半分程度変わったらキャベツを入れます。

キャベツがしんなりするくらいまでさらに加熱します。

スポンサーリンク

 

水切りした豆腐を入れて混ぜ合わせる

水切りした豆腐を加えます。

 

調味料を加え、全体に馴染ませるように混ぜ合わせます。

 

溶き卵を回しかける

あらかじめ用意した溶き玉子を入れ、ザックリと混ぜてください。

溶いた卵に火が通ったら完成。

作り置きなので、卵は完全に火を通してください。
(半熟のままだと傷むのが早いですから。)

 

全体にかつお節をかければ出来上がり。

粗熱が取れたら、タッパーに移して冷蔵庫で保存します。

 

 

豆腐に含まれる栄養価

こちらをご覧ください。七訂日本食品標準成分表より抜粋しました。

 

エネルギーと栄養素 エネルギー 食物繊維 タンパク質 カルシウム ビタミンK
含まれる量 72kcal 0.4g 6.6g 86㎎ 13μg

 

豆腐は、タンパク質や脂質など体に必要な栄養素を含む食品。

健康に気を遣う方々にとって、非常に重要なんですね。

 

最後に

美味しいものが出来ても、直ぐに傷んでしまっては食材も作る時間も無駄にするだけ。

そして万一傷んだことに気付かずに口にしてしまったら…。

そんなことにならないように、食中毒対策はしっかりとしましょう。

 

こちらはアルコール度数77度食品に直接噴霧してもOKな除菌スプレーです。

 

使い勝手が良く、丈夫で長持ちするフライパンは、一人暮らしの自炊に必須の品です。

ガスのみに対応するものと、IHにも対応するものの2種類ありますのでご注意を。

 

なお、使用頻度の高い調理器具だからこそ、「安物買いの銭失い」はしたくない。

そんなあなたにおすすめのフライパンは、こちらの記事でご紹介しています。

 

一人暮らしならフライパンで十分!自炊するならこの一品がおすすめ

一人暮らしを始める方に、最低限必要な調理器具をご紹介します。 安くない買い物だけに、納得したうえで購入したいですよね。 では、そんなあなたが必要な「最低限必要」な調理器具とは? そして、私がおすすめする調理器具とは?

 

 

この記事が、あなたの健康維持・増進のお役に立てば幸いです。

 

 

スポンサーリンク