この記事を読んでわかること

節約したい時に欠かせない食材の一つが「もやし」。

そのもやしとツナを使った、中華和えのレシピをご紹介します。

家計がピンチの時に、覚えておくと助かるレシピです。

簡単に出来るので、あと一品欲しいなという時にもおすすめ。

フライパン一つで出来ますので、ぜひお試しください。

 

 

スポンサーリンク

もやしとツナの中華和えで使うキッチン用品

では早速調理の準備をしましょう。今回使うキッチン用品は以下の通り。

  • フライパン(26cm)
  • ざる
  • 計量スプーン
  • タッパー

 

もやしとツナの中華和えで使う食材と調味料

今回使う食材は以下の通り。

  • もやし      一袋
  • ツナ缶      一つ

 

調味料は、以下の通り。

  • 塩           小さじ1
  • 酢           小さじ1
  • ウェイパー       小さじ1/2
  • こしょう        少々      

 

ウェイパーは、中華風の味を出したい時に使える便利な調味料です。

 

なお、この材料で作ったものは、私の経験上冷蔵庫で2~3日保存が可能です。

 

もやしとツナの中華和えを作る手順

さて、調理の手順は以下の通りです。

  1. もやしを水洗いする。
  2. 水洗いしたもやしを茹でる。
  3. フライパンにツナ、調味料(塩、酢、ウェイパー、こしょう)を入れる。
  4. 茹でたもやしを加えてよく混ぜ合わせる。
  5. タッパーに移し、冷めたら冷蔵庫で保管する。

 

ポイント!

もやしは傷みやすい食材なので、鮮度の良いものを選んでください。

もやしの選び方ですが。

  • 茎が白く、透明感のあるもの。(茶色い部分があるものは避けましょう。)
  • 茎が硬く、しっかりとしているもの。(茎が柔らかいものは鮮度落ち。)
  • 袋に水が溜まっていないもの。(袋の水分は、鮮度落ちしたもやしからでた水です。)

以上3点に注意してもやしを選ぶようにしましょう。

 

 

では早速作ってみましょう。

 

タッパーを除菌する

今回も、出来上がったらタッパーに入れて「作り置き」。

冷蔵庫に保存する目安は、2~3日間程度ですね。

下準備としてタッパーの除菌は念入りにしておきましょう。

 

毎度のことながら、食中毒対策には十分に留意します。

 

写真の除菌スプレー(ドーバーパストリーゼ77)は、アルコール度数77度

南極観測隊も使用するアルコール除菌剤です。

しかも、直接食品に噴霧もOKな優れモノ。

非常に重宝しています。

 

 

もやしを水洗いする

もやしは軽く水洗いしておきます。

 

水洗いする理由は「もやしについている雑菌を洗い流す」ため。

 

もやしを茹でる

沸かしたお湯にもやしを投入。

再度沸騰してから約10秒間もやしを茹でます。

 

茹でたもやしはざるにあけて良く水を切ってください。

スポンサーリンク

 

ツナに下味をつける

ツナには下味をつけておきましょう。

フライパンにツナ、調味料(塩、酢、ウェイパー、こしょう)を入れて和えておきます。

調味料の分量は、以下の通り。

  • 塩           小さじ1
  • 酢           小さじ1
  • ウェイパー       小さじ1/2
  • こしょう        少々      

 

もやしを入れて混ぜ合わせる

茹でたもやしを加え、全体に馴染ませるように混ぜ合わせます。

 

茹でたもやしの粗熱が取れたら、タッパーに移して冷蔵庫で保存します。

 

もやしに含まれる栄養価

茹でたもやし100gに含まれる栄養価から確認を。七訂日本食品標準成分表より抜粋しました。

なお、下の表はスライドします。内容が切れてしまう場合はスライドさせたうえでご確認ください。(お手数をおかけしてすみません。)

エネルギーと栄養素エネルギー食物繊維ビタミンCカリウムカルシウム葉酸
含まれる量12kcal1.5g2mg24mg11mg33μg

 

カロリーが低い点や、葉酸が多く含まれる点は注目ですね。

 

最後に

美味しいものが出来ても、直ぐに傷んでしまっては食材も作る時間も無駄にするだけ。

そして万一傷んだことに気付かずに口にしてしまったら…。

そんなことにならないように、食中毒対策はしっかりとしましょう。

 

こちらはアルコール度数77度食品に直接噴霧してもOKな除菌スプレーです。

 

 

使い勝手が良く、丈夫で長持ちするフライパンは、一人暮らしの自炊に必須の品です。

ガスのみに対応するものと、IHにも対応するものの2種類ありますのでご注意を。

 

なお、使用頻度の高い調理器具だからこそ、「安物買いの銭失い」はしたくない。

そんなあなたにおすすめのフライパンは、こちらの記事でご紹介しています。

 

一人暮らしならフライパンで十分!自炊するならこの一品がおすすめ

一人暮らしを始める方に、最低限必要な調理器具をご紹介します。 安くない買い物だけに、納得したうえで購入したいですよね。 では、そんなあなたが必要な「最低限必要」な調理器具とは? そして、私がおすすめする調理器具とは?

 

 

この記事が、あなたの健康維持・増進のお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク