この記事を読んでわかること

ボディメイクには食事管理が不可欠です。

この記事では、「マッスルデリ」と「ナッシュ」を徹底比較。

両者の違いとは?

利用するならどっち?

そんな疑問を解消する内容です。

 

 

方やたんぱく質豊富なマッスルデリ方や糖質制限がウリのナッシュ

それぞれにコンセプトがしっかりした宅配弁当です。

そしてどちらもボディメイク向きとして有名ですよね。

 

では、どちらがボディメイクにより良い宅配弁当なのか。

比較・検討した結果を筆者の経験も踏まえてレビューします。

* この記事は個人の感想であり、ボディメイクには食生活の改善+適切なトレーニングが必要です。

 

 

 

【結論】マッスルデリとナッシュ 比較した結果は?

 

早速ですが結論を。

どちらもボディメイクするうえでのメリットがあるんですが…。

個人的な経験からこうなります。

 

結論
  • 両者を比較すると、どちらもメリット・デメリットがある。

⇒マッスルデリとナッシュの両方を利用しましょう

⇒それぞれの特徴を活かせばボディメイクもしやすい!

なお、目的に合ったトレーニングは必要です。

 

つまり、どちらか一方だけを利用するのは効率的ではないと。

この結論になった理由は、比較の中で明らかにしていきますね。

(気になる方はこちらをクリック⇒筆者のダイエット結果

 

マッスルデリとナッシュの比較 12項目

 

マッスルデリとナッシュを12項目で比較したのが下の表。

優位性のある方に〇をつけてみました。

(対象項目をタップすると、詳細記事にジャンプします。)

 

対象項目 マッスルデリ ナッシュ
たんぱく質量
糖質量
塩分量
栄養管理のしやすさ
メニュー選びの自由度 引き分け 
メニューの豊富さ
ハズレメニューの有無 引き分け
値段
容器の大きさ 引き分け
食べるまでの手間  ✖
後片付けの手間
サポートの有無

 

では、それぞれについてご説明します。

 

たんぱく質量を比較

マッスルデリとナッシュのたんぱく質の量を比較しました。

  たんぱく質量
マッスルデリ
  • LOW CARB(低糖質):20g以上
  • LEAN(減量用):30~40g
  • MAINTAIN(維持用):40~50g
  • GAIN(増量用):55~65g
ナッシュ
  • 全てのメニュー:7.9~38.0g(2021年11月23日時点)
  • トレーニングコース:平均22.3g

 

たんぱく質の量は、LOW CARB以外マッスルデリがナッシュを上回っています

ボディメイクにたんぱく質が欠かせないのはご存知の通り。

その意味では、マッスルデリの方がナッシュよりもおすすめですね。

 

 

ポイント!
  • マッスルデリのたんぱく質量は、ナッシュの約1.5~3倍。
  • タンパク質量だけならマッスルデリがおすすめ。

 

 

糖質量を比較

マッスルデリとナッシュの糖質量を比較しました。

  糖質量
マッスルデリ
  • LOW CARB(低糖質):15g以下
  • LEAN(減量用):35g以下
  • MAINTAIN(維持用):45g以下
  • GAIN(増量用):65g以下
ナッシュ
  • 全てのメニュー:30g以下

 

数字だけ見るとナッシュの方が良いように思います。

でも、ナッシュの30gって主食(ご飯)の糖質量を含んでいないんですよ。

 

白米であれば、小盛り一杯(100g)糖質量は約36g。

中盛り(150g)は約53gあるんです。

つまり、ナッシュ+主食の糖質量は66~83gなんですね。

 

一方のマッスルデリは、LOW CARBの一部を除き主食(玄米ご飯やパスタ)付き。

3つのコースでナッシュ(+主食)の糖質量を下回ります。

 

 

ポイント!
  • マッスルデリは、LOW CARBの一部を除き主食(玄米ご飯やパスタ)付き。
  • ご飯を食べるとナッシュの糖質量はマッスルデリを上回る。

 

 

塩分量を比較

マッスルデリとナッシュの塩分量を比較しました。

  糖質質
マッスルデリ
  • LOW CARB(低糖質):2.1~3.9g
  • LEAN(減量用):0.6~4.1g
  • MAINTAIN(維持用):0.7~5.4g
  • GAIN(増量用):2.0~7.3g
ナッシュ
  • 全てのメニュー:2.5g以下

 

日本人が当面の目標とすべき食塩の摂取量は、18歳以上女性では1日6.5g未満、男性では7.5g未満。

トレーニングで汗をかけば塩分は排出されますが…。

やっぱり塩分控えめがよろしいかと。

薄味に我慢できなければ、自分で味付けする手もありますし。

 

要は、長期間マッスルデリを利用するなら、汗をかくほどのトレーニングをやるべき。

ハードなトレーニングができないのであれば、ナッシュを長期にわたって利用するのが良いでしょう。

 

 

ポイント!
  • マッスルデリの塩分量は「日本人の目標」よりも多め。
  • トレーニングで塩分は排出されるが、それでも薄味のナッシュがおすすめ。

 

 

栄養管理のしやすさを比較

マッスルデリには主食となる玄米やパスタが付いています。

そのため、カロリーや糖質などの栄養管理がしやすいですよね。

一方のナッシュは主食が付いていません。

 

ボディメイクには栄養管理も必要。

その意味では、主食も付いているマッスルデリの方がおすすめですね。

 

 

ポイント!
  • マッスルデリは主食付き。
  • 栄養管理のしやすさであれば、マッスルデリがおすすめ。

 

 

メニュー選びの自由度

マッスルデリもメニューが選べるようになりました。

こちらがメニューの一例です。

 

 

一方のナッシュはこんな感じ。

もちろん好きなメニューが選べます。

ちなみにナッシュは、新商品や人気メニューの順位も表示されているんですよ。

 

 

筆者が知る限り、メニューが選べるのはマッスルデリとナッシュだけ。

自由度の比較は引き分けですね。

 

ポイント!
  • 現時点でマッスルデリもメニューが選べるように。
  • 自由度は両者引き分け。

 

 

メニューの豊富さ

現時点でマッスルデリのメニュー数は75(メインは70)。

一方のナッシュは76(メインは57)。

メニュー数はほぼ同じの両者ですが、メインだけはマッスルデリが多いんですよね。

一方のナッシュはスイーツ類が豊富なんですよ。

 

またナッシュは新商品やリニューアルの発売も熱心です。

常に商品が入れ替わる状態なんですね。

メニューの豊富さはナッシュが1枚上手でしょう。

 

ポイント!
  • メニュー数はほぼ同じだが、ナッシュはスイーツも充実。
  • 新製品やリニューアルの発売で、商品の入れ替わりもあるナッシュがおすすめ。

 

 

ハズレメニューの有無を比較

両社とも平均以上に美味しい宅配弁当です。

でも、口に合わないハズレメニューもあるんですよ。

 

マッスルデリならこちら。

 

鶏ハムとナポリタンセット

パスタにコシが無くて、食べるのがツライ。

 

ナッシュで言えばこちら。

 

エビのチリソース煮

 

すでに販売中止になりましたが、水っぽくて美味しくない。

販売中のメニューにも、リピートしたくないものはあるんですよね。

どちらもハズレメニューはあるので、比較の結果は引き分けですね。

 

 

ポイント!
  • マッスルデリもナッシュもハズレメニューはある。
  • 比較の結果は引き分け。

 

 

値段を比較

ナッシュは頼んだ累計食数によって値引きされるシステム。

累計食数によって1から18までランク付けされているんです。

具体的な価格(税込み、単位は円)は以下の通り。

*表は横にスクロールできます。

 

  ランク1
累計食数0
ランク2
累計食数10
ランク3
累計食数20
ランク4
累計食数30
ランク5
累計食数40
ランク6
累計食数50
6食プラン 698 691 684 677 670 663
8食プラン 623 617 611 605 598 591
10食プラン 599 593 587 581 575 569
20食プラン 599 593 587 581 575 569
割引率 nosh入会 1% 2% 3% 4% 5%

 

 

  ランク7
累計食数60
ランク8
累計食数70
ランク9
累計食数80
ランク10
累計食数90
ランク11
累計食数100
ランク12
累計食数110
6食プラン 656 649 642 635 628 621
8食プラン 585 579 573 566 560 554
10食プラン 563 557 551 545 539 533
20食プラン 563 557 551 545 539 533
割引率 6% 7% 8% 9% 10% 11%

 

 

  ランク13
累計食数120
ランク14
累計食数130
ランク15
累計食数140
ランク16
累計食数150
ランク17
累計食数160
ランク18
累計食数170
6食プラン 614 607 600 593 586 582
8食プラン 548 542 535 529 524 520
10食プラン 527 521 515 509 503 499
20食プラン 527 521 515 509 503 499
割引率 12% 13% 14% 15% 16% 16.55%

 

 

たくさん食べれば安くなるシステムですね。

お弁当本体は10食セットの場合、最安値で499円(税込み)。

 

なお、送料は以下の通り。

北海道や沖縄の方にとって、ナッシュはちょっと高いですよね。

*表は横にスクロールできます。

 

  6食セット 8食セット 10食セット 20食セット
北海道 ¥2,145 ¥2,145 ¥2,145 ¥2,497
青森県 秋田県 岩手県 ¥1,353 ¥1,353 ¥1,353 ¥1,573
宮城県 山形県 福島県 ¥1,243 ¥1,243 ¥1,243 ¥1,463
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県
千葉県 神奈川県 東京都 山梨県
¥1,078 ¥1,078 ¥1,078 ¥1,298
新潟県 長野県 ¥1,100 ¥1,100 ¥1,100 ¥1,320
富山県 石川県 福井県 ¥1,001 ¥1,001 ¥1,001 ¥1,221
静岡県 愛知県 三重県 岐阜県 ¥1,001 ¥1,001 ¥1,001 ¥1,221
大阪府 京都府 滋賀県 奈良県
和歌山県 兵庫県
¥935 ¥935 ¥935 ¥1,155
岡山県 広島県 山口県 鳥取県
島根県
¥1,001 ¥1,001 ¥1,001 ¥1,210
香川県 徳島県 愛媛県 高知県 ¥1,001 ¥1,001 ¥1,001 ¥1,210
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県
大分県 宮崎県 鹿児島県
¥1,100 ¥1,100 ¥1,100 ¥1,320
沖縄県 ¥2,167 ¥2,167 ¥2,167 ¥2,849

 

つまり送料を含めた値段は、593~634円になるんです。

他社では配送料が全国一律で1,000円以下のところもありますからね。

北海道や沖縄の方にはナッシュは選びづらいかなぁ。

 

解決策は、食数をまとめて注文すること。

1食当たりの配送料は値段が下がりますからね。

北海道や沖縄を除けば、10食セットの送料は94~135円です。

 

一方のマッスルデリは、定期購入で1,000円以上。

両者の違いをまとめたのが以下の表です。

 

  値段 送料
ナッシュ

累計購入数によって値引きされるシステム。(以下税込み

  • 6食プラン:698円/1食(最安値 582円)
  • 8食プラン:623円/1食(最安値 520円)
  • 10食プラン:599円/1食(最安値 499円)

配送先、食数によって異なる。

関東地方で6食セットなら1,078円(税込み)。

マッスルデリ

()内はお試し購入の場合。(税込み

  • LEAN「低糖質」
    5食セット 1,102円/1食(1,188円)
    10食セット 1,069円/1食(1,112円)
  • LEAN「減量用」
    5食セット 1,058円/1食(1,145円)
    10食セット 1,015円/1食(1,058円)
  • MAINTAIN「維持用」
    5食セット 1,166円/1食(1,253円)
    10食セット 1,123円/1食(1,166円)
  • GAIN「増量用」
    5食セット 1,382円/1食(1,469円)
    10食セット 1,339円/1食(1,382円)

無料

(お弁当の価格に含まれます。)

 

送料を加えてもナッシュの方が安くなります。

ボディメイクには時間がかかりますから。

長期利用を考えると、値段の安いナッシュがおすすめですね。

 

ポイント!
  • ナッシュは累計食数によって値引きされる。
  • 長期的にトレーニングを継続し、ボディメイクするならナッシュがおすすめ。

 

 

容器の大きさを比較

マッスルデリの容器はこの大きさ。

 

 

一方のナッシュはこんな感じ。

 

容器のサイズに大きな違いは見られません。

どちらを利用するにも、冷凍庫の整理は必要ですね。

 

ポイント!
  • マッスルデリ、ナッシュ共に容器のサイズはほぼ同じ。
  • 冷凍庫の整理が必要なので、比較の結果は引き分け。

 

 

食べるまでの手間を比較

マッスルデリは玄米やパスタなどの主食付き。

 

 

一方のナッシュはおかずのみ。

 

主食であるご飯やパスタは自分で用意しなければなりません。

それってやっぱり手間だし面倒くさいですよね。

 

 

ポイント!
  • マッスルデリは主食付き。
  • ナッシュはおかずのみなので、主食の用意が面倒であればマッスルデリがおすすめ。

 

 

後片付けの手間を比較

燃えるごみとして捨てられる容器!

 

ナッシュの容器は燃えるごみとして捨てられる優れもの。

分別の必要がないんです。

食事は毎日のことだけに、いちいち分別するのは手間ですから。

 

やっぱりボディメイクは、時間をかけて取り組む必要がある訳で。

となると些細なことでも手間は省きたいですよね。

 

 

ポイント!
  • ナッシュの容器は燃えるごみとして処理できる。
  • 分別に頭を悩ませることもなく、手間もかからない。

 

 

サポートの有無を比較

マッスルデリは管理栄養士が食事セミナーや食事相談をおこない、食事管理をサポート。

これって自己流でやるよりも効果が期待できますよね。

残念ながら、ナッシュにはこのようなサービスはありません。

 

 

ポイント!
  • マッスルデリは管理栄養士によるサポート付き。
  • 自己流でやるよりも効果が期待できるので、マッスルデリがおすすめ。

 

 

\本気でボディメイクしたいなら/

 

 

\期間限定!今なら初回注文のみ300円割引/

 

 

マッスルデリとナッシュの比較 実食レビュー

両者を比較した結果をもう一度。

 

対象項目 マッスルデリ ナッシュ
たんぱく質量
糖質量
塩分量
栄養管理のしやすさ
メニュー選びの自由度 引き分け 
メニューの豊富さ
ハズレメニューの有無 引き分け
値段
容器の大きさ 引き分け
食べるまでの手間  ✖
後片付けの手間
サポートの有無

 

それぞれに良いところがあるんですよ。

どちらかにしろ!というのは無理な話

ということで、筆者は夕食を置き換えて両方を食べ続けました

 

ちなみに目的はダイエットで、具体的な利用のペースはこんな感じ。

 

  • ナッシュは6食セットを月2回。
  • マッスルデリはMAINTAIN5食セットを月2回。

それ以外の夕食は自炊し、ご飯を玄米・雑穀米に置き換え。

 

 

その結果はご覧の通り。

*週一のジョギングと筋トレ(腹筋のみ)も取り入れた結果です。

 

 

  今年 1年前 2年前
体重 65.4 66.6 68.7
腹囲 75.5 82.0 82.0

 

体重は68.7㎏⇒65.4㎏(3.3㎏のダイエット)。

腹囲は82.0㎝⇒75.5㎝(6.5㎝減少)。

お腹周りがスッキリすると、気分までスッキリしますよ。

 

ナッシュだけだとたんぱく質量が不安

マッスルデリだけだと値段が高くて続けるのが難しい

だったら両方食べれば良いわけですよ。

両方利用してもちゃんと結果はついてきますしね。

 

\本気でボディメイクしたいなら/

 

\期間限定!今なら初回注文のみ300円割引/

 

 

マッスルデリとナッシュを食べてダイエットした件については、こちらの記事に書きました。

あわせて読みたい!

 

 

マッスルデリとナッシュ それぞれの特徴

 

改めてマッスルデリとナッシュの、それぞれの特徴を。

 

マッスルデリの特徴

ザックリとですが、まとめると以下の通りになりますね。

 

 

  • ボディメイクをしたい方に向けた冷凍宅配弁当
  • 高たんぱく・低カロリーの、管理栄養士が監修したメニュー。
  • 保存料や合成着色料、トランス脂肪酸不使用
  • 主食(玄米やパスタ)も一緒にとれる
  • レンジで簡単調理。

 

 

「ボディメイクをしたい方」専用と言って良いほどの高たんぱく、さすがですね。

たんぱく質の量は宅配弁当の中でも一歩リード

多くのアスリートにも選ばれているだけのことはあります。

 

\本気でボディメイクしたいなら/

 

 

 

ナッシュの特徴

確かにマッスルデリはボディメイク向けの宅配弁当ですが…。

ナッシュがダメという結論にはなりません。

ナッシュの特徴も確認しておきましょうか。

 

 

  • 全てのメニューで糖質量30g以下、塩分2.5g以下
  • 自社のシェフと管理栄養士がメニューを監修。
  • 累計食数に応じて値引きされる。
  • マンネリ防止のため、毎週2品のメニューが新発売
  • 容器は燃えるごみとして捨てられる。

 

 

たんぱく質の量ではマッスルデリに劣るナッシュですが…。
(メニューによってはタンパク質が30g以上のものもありますけど。)

メニューは豊富で、食べ続けるほど安くなるシステム。

長期間利用し続けるにはうれしいですよね。

「ずっとスリムでいたい。」という方にはナッシュも良いわけで。

 

\期間限定!今なら初回注文のみ300円割引/

 

 

【まとめ】マッスルデリとナッシュ 比較した結果

 

どちらもボディメイクするうえで必要な特徴を持っています。

では、比較した結果どうなのか?という結論をもう一度。

 

まとめ
  • マッスルデリとナッシュの両方を利用しましょう

  • それぞれの特徴を活かせばボディメイクもしやすい!

なお、目的に合ったトレーニングは必要です。

\本気でボディメイクしたいなら/

\期間限定!今なら初回注文のみ300円割引/

 

個人的にはマッスルデリとナッシュの併用がおすすめ。

結果についてはご紹介した通り、ちゃんとダイエット出来ましたので。

 

ただ、目的がボディメイクかダイエットのどちらでも。

マッスルデリとナッシュは、長く続ければ期待通りの結果が得られますよ。

 

 

 

マッスルデリに興味を持った方は、こちらもどうぞ。

あわせて読みたい!

 

あわせて読みたい!

 

 

 

ナッシュに興味を持った方は、こんな記事もご参考に。

あわせて読みたい!

 

あわせて読みたい!

 

 

 

スポンサーリンク