こんにちは。単身赴任中の中年ビジネスマン、よしみつです。

当記事に訪問いただきまして有難うございます。

 

今日は、生姜をたっぷり使った豚ひき肉で作る常備菜をご紹介しましょう。

 

作り方は簡単。フライパン1つで楽々調理出来ます。

そのうえ、生姜の効能はあなたのアンチエイジングや健康維持・増進に役立つことでしょう。

 

なお、これだけでご飯がすすむ【食べ過ぎ注意!】な常備菜です。

作り過ぎには注意しましょう?!

 

スポンサーリンク

豚ひき肉の甘辛そぼろを作る時に使うキッチン用品

では早速調理の準備をしましょう。今回使うキッチン用品は以下の通り。

  • まな板
  • 包丁
  • 計量スプーン
  • フライパン(26cm)
  • タッパー

 

豚ひき肉の甘辛そぼろを作る時に使う食材と調味料

使う食材は下の2つです。

  • 豚ひき肉    約200g
  • 生姜      1片(大さじ2程度)

 

使用する調味料は、

  • 料理酒          大さじ2
  • 砂糖           大さじ2
  • めんつゆ(3倍濃縮タイプ)  大さじ1
  • 醤油           大さじ1

 

 

豚ひき肉の甘辛そぼろを作る手順

さて、調理の手順は以下の通りです。

  1. 生姜の皮をむき、千切り(風)にする。
  2. 生姜の千切り(風)とひき肉をフライパンに投入。
  3. ひき肉を炒める。
  4. 途中で調味料を投入。
  5. 調味料がなくなるまで煮詰める。
  6. 粗熱を取ったら、タッパーに入れて冷蔵庫で保存する。

 

では早速作ってみましょう。

 

豚ひき肉の甘辛そぼろを作る時の下準備~タッパーの除菌~

今回も、出来上がったらタッパーに入れて「作り置き」です。

冷蔵庫に保存する目安は、5~6日間程度。

下準備としてタッパーの除菌は念入りにしておきましょう。

毎度のことながら、食中毒対策には十分に留意します。

写真の除菌スプレー(ドーバーパストリーゼ77)は、直接食品に噴霧もOKな優れモノ。

非常に重宝しています。

 

生姜の皮をむき、千切り(風)にする

生姜は皮をむき、千切りにします。

皮をむくのが面倒であれば、良く水洗いをしたうえで皮ごと千切りにしてしまいましょう。

なお、適当に細かく刻めばOKです。すりおろしても良いですし。

 

生姜の千切り(風)とひき肉をフライパンに投入

生姜の千切りとひき肉を、火にかける前のフライパンに投入。

ひき肉から意外に多くの脂が出るので、油は使いません。

 

ひき肉を炒める

ひき肉と生姜が良くなじむように炒めます。

 

火の加減は少し弱い中火で。

 

調味料を投入

  • 料理酒          大さじ2
  • 砂糖           大さじ2
  • めんつゆ(3倍濃縮タイプ)  大さじ1
  • 醤油           大さじ1

を投入します。

 

焦げないように炒める

後はじっくりと、水分が飛ぶまで炒めます。

砂糖が入っているので焦げやすくなっています。ご注意を。

 

こんな感じになるまで煮詰めれば完成です。

 

生姜に含まれる栄養素

生姜は体に良いと聞きますが、どんな効能があるのでしょうか。

生姜に含まれる栄養価から確認をしてみましょう。

 

なお、下の表はスライドします。内容が切れてしまう場合はスライドさせたうえでご確認ください。

エネルギーと栄養素 エネルギー 食物繊維 ビタミンC カリウム マグネシウム マンガン
含まれる量 30kcal 2.1g 2㎎ 270㎎ 27㎎ 5.01㎎

 

「栄養素」で考えると、生姜はマンガンの含有量が5.01㎎(野菜類の中ではトップクラス)と多いのが特徴ですね。

マンガンは、

  • 骨の形成に関与
  • 糖質および脂質の代謝に働く酵素の構成成分
  • 抗酸化作用のある酵素などの構成成分

として、成長や代謝、抗酸化作用の促進に関係しています。

30代以降になると、「成長」はともかく代謝や抗酸化作用の促進に関係している栄養素はうれしい限り。

 

ちなみに抗酸化とは、体内で発生した活性酸素の増加を防ぐこと。

つまり、細胞が【さび】るのを防ぐことで、細胞の老化が早まるのを防いだり、生活習慣病などの発生を防ぐのです。

 

生姜の効能

ところが。

生姜が持つ力はこれだけではないんですよ。

生姜は漢方薬にも使われている通り、辛み成分や香り成分に優れた効能があるんですね。

あなたに生姜の摂取をおすすめするのは、この効能があるからなんです。

 

こちらの表もスライドします。内容が切れてしまう場合はスライドさせたうえでご確認ください。(お手数をおかけしてすみません。)

スポンサーリンク

成分名 ジンゲロール ショウガオール シネオール
効能

ジンゲロールは生のショウガに多く含まれています。特徴は以下の通り。

  • 強い殺菌力がある。
  • 解熱作用や鎮痛作用、抗炎症作用など、感染症のさまざまな症状に効果があるとされている。
  • 強い抗酸化作用によって、体内組織の老化を予防してくれる(アンチエイジング)。

ジンゲロールを加熱や乾燥させることでショウガオールに変化します。特徴は以下の通り。

  • 血液の流れを良くする。そのため、体の中からあたため、エネルギー消費効果も期待できる。
  • 血行を促すことによる鎮痛作用にも期待できる。

シネオールの特徴は以下の通り。

  • 食欲増進の働きがある。
  • 疲労回復・夏バテ解消に役立ち、健胃・解毒・消炎作用が期待できる。

 

こんな論文もありました。

 

ジンゲロールやショウガオールは、ショウガ根茎に含まれている特有の辛味成分である。抗酸化作用、抗血栓作用 、抗潰瘍作用等が知られている。

引用:食品中の健康機能性成分の分析法マニュアル

 

 

なかなか魅力的な食材ではないですか!

とは言うものの、我々が見かける生姜は、冷ややっこやカツオのたたき、肉や魚料理の臭み消し程度。

摂取したとしても、その量はたかが知れています。

そこで、「こんなにたくさん摂って良いのか?」というくらい生姜を使うレシピをご紹介しました。

 

ポイント!

生姜に含まれるジンゲロールは強い殺菌作用ほか、抗酸化作用があるため、体内組織の老化を予防してくれる(アンチエイジング)。

また、ショウガオールは血流を良くし、シネオールは食欲増進に役立つ。

野菜の中でも、特に生姜の含有量が多いマンガンは、成長や代謝、抗酸化作用の促進に関係している。

 

 

まとめ

生姜には強い殺菌作用のほか、抗酸化作用があるジンゲロールが含まれます。

また、血流を良くするショウガオールや、食欲増進に役立つシネオールも。

これらの成分は体内組織の老化を予防してくれる、アンチエイジングの役割が期待できるじゃないですか。

まさに中年世代にとって必要不可欠な食材と言えるでしょう。

 

ただし、今回ご紹介したレシピは非常にご飯が進みます。

ご飯の食べ過ぎにはくれぐれもご注意ください。(いや、真面目な話。)

 

最後に

今回も使った麺つゆは、麺類に使うだけではもったいない優れもの。

というのも、醤油、砂糖、塩、酒、かつおだし、みりん等全て入っているから。

つまり沢山の調味料をそろえることなく、この1本で様々な料理に対応できるのです。

あなたの冷蔵庫にも、是非1本常備ください。

 

美味しいものが出来ても、直ぐに傷んでしまっては食材も作る時間も無駄にするだけ。

そして万一傷んだことに気付かずに口にしてしまったら…。

そんなことにならないように、食中毒対策はしっかりとしましょう。

こちらは食品に直接噴霧してもOK!しかもノロウイルスにも有効な除菌スプレーです。

 

この除菌スプレーについては、こちらの記事にまとめてあります。

宜しければ、こちらもどうぞ。

嘔吐・下痢対策におすすめの除菌スプレー ドーバーパストリーゼ77

 

使い勝手が良く、丈夫で長持ちするフライパンは、一人暮らしの自炊に必須の品です。

ガスのみに対応するものと、IHにも対応するものの2種類ありますのでご注意を。

 

なお、使用頻度の高い調理器具だからこそ、「安物買いの銭失い」はしたくない。

そんなあなたにおすすめのフライパンは、こちらの記事でご紹介しています。

一人暮らしにはフライパンがあれば十分!自炊するならこの一品がおすすめ

 

この記事があなたのアンチエイジングや健康維持・増進にお役に立てば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク