この記事を読んでわかること

「食べても太りにくいおやつがあれば良いな。」

そんなおやつを探しているあなたに良いお知らせがあります。

たんぱく質や食物繊維が豊富なパン、【ベースブレッド】です。

ベースブレッドって何?美味しいの?ダイエット中でも大丈夫?

この記事はそんな疑問を解消する内容です。

 

ベースブレッドは、1食2袋分で「1日に必要な栄養素の1/3をすべてとれる(※)」というパン。

栄養豊富なベースブレッドには、おやつにピッタリな3種類があるんです。

 

  • ベースブレッド(メープル)
  • ベースブレッド(チョコ)
  • ベースブレッド(シナモン)

 

この記事では、実際にベースブレッドを食べ続けているからこそわかる

メリット・デメリットなどを含めて正直にレビューします。

 

※(注釈)
栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、  すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

 

 

太りにくいおやつの条件とは?

そもそも太りにくいおやつにはどんな条件があるのか。

ちょっと長い引用になりますがご覧ください。
(筆者による強調部分は心構え的なもの。)

 

一般的には1日に200kcal(キロカロリー)程度の間食が適量だと言われていますが、ダイエットを考えている場合は、1日に摂取するエネルギーが消費するエネルギーを超えないように、食事だけではなく間食も含めて調節しましょう。

一般的に洋菓子と言われるケーキ・クッキー・チョコレート・スナック菓子などのような食品は、炭水化物と脂質が多く高エネルギーのものが多いです。スナック菓子においては、食塩も多く含まれています。しかし食べてはいけないわけではありません。間食をする回数や量を減らすこと、種類を選ぶことが大切です。

飲み物では、砂糖の多く含まれる炭酸飲料やコーヒー飲料についても注意が必要です。

さらに1日の栄養素のバランスを考えて間食をとることができれば理想的です。

引用:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット|間食のエネルギー(カロリー)

 

具体的&簡単に言えばこういうことですね。

 

  • 1日に200kcal(キロカロリー)程度の間食が適量。
  • 炭水化物と脂質が多いおやつは量を減らす。
  • 食塩が含まれるおやつも同様。
  • 砂糖の多く含まれる飲料には注意が必要。
  • 1日の栄養素のバランスを考えて間食をとることができれば理想的。

 

カーちゃんカーちゃん

こんなおやつがどこにあるの?

よしみつよしみつ

この条件を満たすのがベースブレッドなんだ。

 

太りにくいおやつ/ベースブレッドの特徴とは?

小麦全粒粉やライ麦全粒粉、チアシードなどを使った健康志向

腹持ちが良いので、おやつに食べれば夕飯のドカ食いも防げます。

まさに太りにくいおやつで、ダイエット中でも安心して食べられますよ。

 

 

そんなベースブレッドにイマイチな点はないのか。

ベースブレッドの特徴と共にご紹介します。

 

おすすめしたい点/メリット

まずはおすすめしたい点から。

 

おすすめしたい点
  • カロリーは高め(約260kcal/1袋)だが、その分腹持ちは抜群で夕食を減らせる。
  • 1袋当たりのたんぱく質量は13.5g、食物繊維が約3.3g。
  • 26種類のビタミン、ミネラルがとれる。
  • 市販のロールパンに比べて糖質約30%オフ。
  • 合成保存料、合成着色料不使用。

 

腹持ちは抜群で夕食を減らせる

筆者は1回の食事でご飯茶碗大盛り2杯を食べます。

そんな筆者ですが、ベースブレッドは1袋で4時間はお腹が減りません。

そのため、間食にベースブレッドを食べれば夕飯はおかずのみでも十分

ご飯一杯分(約150g)のカロリー(約240kcal)や糖質(約57g)を減らせるので、ダイエット中でも安心して食べられますよ。

 

たんぱく質や食物繊維が豊富

ダイエット中は食べる量を減らしがちですが、ヒトの体にたんぱく質は欠かせません。

そのたんぱく質がベースブレッドには豊富に含まれているんです。

 

 

あとで詳しくご紹介しますが、他の菓子パンとの差は歴然。

おやつでたんぱく質が補給できるなら、安心して食べられますよ。

 

ビタミン、ミネラルがとれる

ビタミンやミネラルは健康維持や体調管理には欠かせない栄養素。

それらが26種類もとれるってスゴイことですから。

 

ベースブレッド(チョコ)の栄養素(対基準値)。

 

おやつを食べる時に罪悪感がある方にはおすすめです。

 

市販のロールパンに比べて糖質30%オフ

市販ロールパンと同等量なら、糖質量はいずれも約30%オフ。

糖質制限はダイエットの基本ですからね。

ちなみに糖質をとり過ぎるとどうなるかというと…。
(強調部分は筆者によるもの。)

 

血中にはブドウ糖を約20gしか貯蔵できないため、肝臓や筋肉の細胞で、多く摂取した分のブドウ糖を重合しグリコーゲンとして蓄える。ブドウ糖を過剰摂取したときは脂肪細胞や、肝臓の細胞で脂肪へと変わり、肥満の原因となる

引用:独立行政法人 農畜産業振興機構|砂糖の適時・適正摂取は身体の働きにどのように影響するか

 

ブドウ糖の過剰摂取が肥満の原因…。

太りにくいおやつを探しているなら、甘過ぎないモノがよろしいかと。

 

かーちゃんかーちゃん

おやつも糖質が少ないほうが良いのね!

 

合成保存料、合成着色料不使用

無添加でなければ食べたくない、と言うつもりはありませんが…。

添加物は少ないほうが良いですよね。

例えばコンビニで売られていた某社の菓子パンはこんな具合です。

 

 

気になるのが酢酸NaやpH調整剤

変質・変色防止や日持ち向上のために使われるものなんですけど。

法律によって安全性が保障された添加物ですが、無いほうが良いと思いませんか。

 

イマイチな点/デメリット

続いては、ベースブレッドのイマイチな点を。

 

イマイチな点
  • 全粒粉を使っているので、食感はフワフワしていない。
  • 温めた方が美味しい。
  • 普通の菓子パンよりも高い。

 

食感はフワフワしていない

市販の菓子パンと比べればフワフワ感は劣ります。

しっかりした食感なので、よく噛む必要がありますね。

よく言えば、その分食べ応えがあると言えるでしょう。

おやつにはフワフワした、口当たりの良いものが食べたい時はおすすめできません。

 

温めた方が美味しい

しっかりした食感と言っても、レンジで温めると少しだけフワッとします。

実際に、外袋にはこのような注意書きがあるんです。

 

 

温めればフワッとした食感になるし、美味しく食べられます。

逆に言えば、温めないと美味しさは目減りするということ。

いつでもレンジを使えるわけじゃないですからね。

その意味では、「温めた方が美味しい」というのはイマイチな点でしょう。

 

普通の菓子パンよりも高い

ベースブレッドは一袋当たり約190円。

市販の菓子パンを約130円とすれば、1.5倍の値段です。

「おやつなんだから安いほうが良い」と言う方にはデメリットになりますね。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

なお、スタートセットにはプレーンも4袋入っています。

こちらは食事としての利用がおすすめ。

レンジで温めてから目玉焼きをのせたりクリームチーズを塗れば美味しい!

 

ダイエットするための食生活は、こちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい!

 

 

太りにくいおやつ/ベースブレッドの実食レビュー

続いては、ベースブレッドに関するレビューをご覧ください。

 

ベースブレッド(メープル)

袋を開けるとフワッとメープルの香りが…。

いかにも「おやつ」って感じがします。

1つ当たりの大きさはこんな感じ。

 

パンなんですが、食感はしっかりした感じ。

コンビニの菓子パンのようなフワフワ感は全くありません

ただし、レンジで温めれば柔らかくなりますのでお試しを。

肝心の甘さは、チョコやシナモンよりも少しだけ強く感じました。

 

 

おやつとしては1つで十分ですよ。

2つ食べれば、たぶんお腹がいっぱいになります。

残した分は袋の口を輪ゴムで縛って保管しておきましょう。

 

ベースブレッド(チョコ)

 

ベースブレッドの中では、最もおやつ感のあるパンですね。

ただし、結構ボリュームがあります

甘さは控えめなので、おやつにはもちろん、食事としても良い感じ。

 

 

薄切りのバナナをサンド。チョコとバナナの組み合わせは◎

 

袋を開けるとチョコの香りがしますし、見た目もしっかりとチョコマーブルパン。

でも、食べてみると意外にチョコは控えめでした。

筆者としてはイチ押しのベースブレッドです。

 

ベースブレッド(シナモン)

外見はメープルと同じですね。

メープルと同じく1袋に2つ入っています。

サイズもメープルと同じなので、おやつなら1つで十分のはず。

 

 

食感はメープルと同様、しっかりしています。

香りは抑え気味なので、シナモンが苦手な方でも大丈夫かと。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

ダイエットするための食生活は、こちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい!

 

 

太りにくいおやつ/他との比較

では、ベースブレッドと他のおやつを栄養価の面で比較してみましょう。

「おやつだから栄養価は気にしない。」という割り切りも大切ですが…。

できればヘルシーな方が良いですから。

コンビニで買える菓子パンと比較してみました。
(表は横にスライドできます。)

 

  カロリー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 糖質(g) 食塩相当量(g)
ベースブレッド チョコ
(1個;1袋分)
255 13.5 7.8 25.9 0.69
セブンイレブンPB 298 7.6 7.8 47.9 0.59
ローソンPB 293 6.7 10.9 41.1 0.7
ふわふわちぎりパン
(チョコクリーム)
419 8.0 21.8 46.8 0.77
ベースブレッド シナモン
(2個;1袋分)
262 13.5 8.5 26.1 0.7
シナモンロール 1個
(Pasco)
424 7.1 20.2 53.4
(*糖質+食物繊維の合計値)
0.7
メープル&マーガリン 235 2.3 10.0 33.8 0.85
やさしい甘さのメロンパン 371 7.0 14.2 53.3 0.53
こしあんパン 286 8.5 3.2 54.6 0.6
ミルクフランス 382 6.6 21.9 39.1 0.88

 

 

かーちゃんかーちゃん

たんぱく質は高めで糖質は控えめ。ダイエットしている時でも安心!

よしみつよしみつ

カロリーが控えめなのもうれしいね。

 

おやつとしては糖質量に物足りなさがあるかもしれません。

でも栄養価を考えれば、明らかに菓子パンよりもベースブレッドの方が優秀。

 

 

たまには菓子パンのおやつも良いですが…。

ベースブレッドの方が太りにくいおやつですし、ダイエット中でも安心。

ときどき菓子パンからベースブレッドにおきかえることをおすすめします。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

ダイエットするための食生活は、こちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい!

 

 

ベースブレッドの口コミ

ここでは他の方々の口コミもご紹介します。

ちなみにAmazonのカスタマーレビューは以下の通り。

 

 

星5つの評価が46%で最多であり、Amazonのなかでは高評価です。

 

悪い口コミ

全部を食べきる前に破棄しました。確かに栄養補助食品という感じだけど、それにしてもまずい。続かなかった。普通のパンのほうがずっといい。リピートはしません。

引用:ぎっちょさん|Amazon カスタマーレビュー

 

よしみつよしみつ

普通のパンとは違います。ベースブレッド(チョコ)は美味しいと思うけど…。

 

 

健康的にいいのかもしれませんが味が悪いので、又買いたいとわ思わない

引用:豆さん|Amazon カスタマーレビュー

 

よしみつよしみつ

味が悪ければ長続きしませんね。筆者的には美味しいので食べ続けていますが。

 

 

良い口コミ

 

 

よしみつよしみつ

「腹持ち良い!」。確かに。ダイエット中は大切な条件ですよね。

 

 

 

よしみつよしみつ

まさにその通り。普通に美味しいから続けられるんですよね。

 

思っていたより、美味しかったです。

完全食、いつもの食事にプラスして食べると逆に?体重が減るので便利です。

こちらは、持ち歩けるので 良いです。

引用:snowさん|Amazon カスタマーレビュー

 

よしみつよしみつ

持ち歩けるのは地味にうれしいですよね。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

ダイエットするための食生活は、こちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい!

 

 

よくある質問

ここでは、ベースブレッドに関するよくある質問&回答を。

 

どこで買えるの?
公式サイトやAmazon、一部のファミリーマートとナチュラルローソンで買えます。
ただし、一番安く買えるのは公式サイトの利用になります。
どんなアレルギー性物質があるの。表示はどこにあるの。
アレルギー物質は以下の通りとなります。
袋の裏面にも記載がありますので、気になる方はご確認を。

  アレルギー性物質 備考
チョコレート 小麦・卵・乳・大豆・ゼラチン 製造工場では落花生・オレンジ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・さば・鶏肉・バナナ・豚肉・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・アーモンドを含む製品を生産。
メープル 小麦・卵・乳・大豆   〃
シナモン 小麦・卵・乳・大豆   〃
プレーン 小麦・卵・乳・大豆   〃
添加物は不使用?
ベースブレッドのチョコレートは合成保存料や合成着色料が不使用です。
なぜ賞味期限が長いの?
袋ごとに脱酸素剤が入っているためです。
食品を酸化させ、品質を落とす酸素をなくす状態を作ることで、長期保存が可能になっているんですよ。
何食から購入できるの?
最低購入食数は8食となっています。
5種類あるパンは、いずれも2食から注文が可能です。(0食という選択ももちろん有り。)
保存方法は?
ベースブレッドは常温保存で良いんですよ。
ただ、直射日光、高温多湿をさけ、冷暗所で保存して欲しいとのこと。
室温が20℃を超えるような場合は、冷凍庫に保管しましょう。(冷蔵庫では風味が落ちるようです。)食べる時は500Wで1分間の加熱が目安です。
どんな支払方法があるの?
1回のみの利用は、上記3つのほかにコンビニ決済(手数料216円)や銀行振り込み(銀行手数料)。
継続コースを利用な場合は、クレジットカード、Amazon Pay、代金引換(手数料330円)があります。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

ダイエットするための食生活は、こちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい!

 

 

まとめ|太りにくいおやつ/ベースブレッド

最後に、太りにくいおやつとしておすすめするベースブレッドの特徴をもう一度。

 

おすすめしたい点
  • カロリーは高め(約260kcal/1袋)だが、その分腹持ちは抜群で夕食を減らせる。
  • 1袋当たりのたんぱく質量は13.5g、食物繊維が約3.3g。
  • 26種類のビタミン、ミネラルがとれる。
  • 市販のロールパンに比べて糖質約30%オフ。
  • 合成保存料、合成着色料不使用。

 

イマイチな点
  • 全粒粉を使っているので、食感はフワフワしていない。
  • 温めた方が美味しい。
  • 普通の菓子パンよりも高い。

 

「太りにくいおやつが食べたい。」

「ダイエットしたいけど甘いものが食べたい。」

そのような希望がある方は、筆者的には「買い」だと思います!

 

かーちゃんかーちゃん

あなたも食べ続けているんでしょ?

よしみつよしみつ

うん。継続コースを利用しているよ。

 

まずいという口コミもありますが、レビューは星4つ以上で約70%。

 

 

総合評価としては悪いものではありませんね。

筆者も自信を持っておすすめします。

 

筆者イチ押し! ベースブレッド(チョコ)

 

ただし「好み」はどうしてもありますから。

確認するためにもこの機会に、初回購入が20%もお得になる公式サイトからお試しください。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

ダイエットするための食生活は、こちらの記事が参考になります。

あわせて読みたい!

 

 

 

スポンサーリンク