この記事を読んでわかること

パルシステムは安心・安全な商品を扱う生協宅配。

では、一人暮らしには向いているんでしょうか?

利用するには知っておきたい注意点3つと解消法って何?

一人暮らしがパルシステムを検討する時に持つ、不安や疑問を解消する内容です。

 

一人暮らしの筆者が、パルシステムを利用するようになって1年以上経ちました。

買い物に行く手間がかからない商品の質も良いので助かりますよ。

とはいえ利用するうえで知っておきたい注意点もある訳で。

 

この記事では、商品の注文から受け取りまで、

一人暮らしだからこそ感じたことを本音全開でご紹介します。

 

 

 

【要チェック!】

パルシステムは、【おためしセット】を注文したうえで加入するのがベスト。

その理由は、

  • 勧誘は、おためしセット】を頼んでおけばあっさりしたもので済む
    (最初に資料提供を依頼すると、自宅まで勧誘に来るケースもあるようで…。)
  • めちゃくちゃコスパが良いので、頼まないのは勿体ない。
  • パルシステムの美味しさが分かる

といった利点があるから。

パルシステムへの加入は、【おためしセット】を注文してから検討する事をおすすめします。

 

\今すぐ試してみる!/

 

(人気があり過ぎて、休止している場合もあります。)

 

なお、おためしセットのコスパの良さはこちらの記事でご確認ください。

あわせて読みたい!

 

 

パルシステムを一人暮らしが利用する時に気をつける3点と解消法

筆者が特に感じた「注意点」は、以下の3点になります。

あわせて解消法もご紹介しますね。

 

 

 

配達は平日しかないが大丈夫か

パルシステムの配達は、

  • 配達担当者が、
  • 毎週決まった曜日・時間帯に、
  • 自宅まで商品+カタログを届けてくれる

スタイル。

配達時に在宅であれば、直接受け取りができます。

 

ただし配達は平日のみ。

また、届けて欲しい曜日を選ぶことができないんですよ。

忙しい一人暮らしにとっては要注意ですよね。

 

「配達は平日しかない」への対応法!

配達日は平日のみなんですよ。

また、配達ルートが決まっているので、受取時間の指定もできないんです。

直接受け取りを希望する場合、在宅は必要絶対条件ですね。

ただ、直接受け取りしなくてもOK

留置きもできますのでご安心を。

 

 

留置き用宅配ボックスをどこに置くか

直接受け取りができなくても、パルシステムは利用できます。

それは留置き用宅配ボックスを使うから。

 

商品は温度帯によって以下のように届けられるんですね。

 

冷凍品 発泡スチロール製の専用箱 + 冷凍用保冷剤(もしくはドライアイス)
冷蔵品 発泡スチロール製の専用箱 + 保冷剤
野菜・果物 発泡スチロール製の専用箱 + 保冷剤(12~3月は保冷剤なし。)
常温品  折り畳み式の専用箱

 

この発泡スチロールの箱が結構大きいんです。加えて外見はボコボコだし。

留置き用宅配ボックスをどこに置くか。

一人暮らしの部屋にこの大きさは要注ですね…。

 

なお商品は玄関先に置いてもらえます。
(オートロックのマンションであればエントランス。)

筆者はエントランスに置いてもらっていますが、不便を感じたことはありません。

 

ちなみに、商品が少ない場合のボックスの大きさは以下の通り。

縦x横x高さ=30㎝x38㎝x16㎝。

 

実物はこんな感じです。
(上は冷蔵品、下には冷凍品が入っていました。)

 

カーちゃんカーちゃん

留め置きってイタズラされない? 中身は大丈夫?

よしみつよしみつ

心配するのも分かるよ。こちらを見てね。

 

ついでに保管状態についても見ておきましょうか。

まず、それぞれの箱にテープが貼られています。

ムリにはがそうとするとご覧の状態(写真右)。

万一イタズラされたら一発でわかりますね。

 

冷蔵品の保管状態です。

箱とほぼ同じサイズの蓄冷材が入っていますが、その下にはプラスチック上のシートが。

さらにその下に、ビニールシートにくるまれた商品が入っていました。

そのため蓄冷材と商品は、直接触れ合わないようになっています。

大きな蓄冷材

 

蓄冷材が商品に直接触れないようになっています

 

プラスチック板(?)を取り除くと、やっと出てくる商品

 

こちらは冷凍品の保管状態。

ふたを開けると厚めの断熱シートが目に入ります。

その下にはドライアイスが入っているんですよ。

さらに、商品の下には蓄冷材が。

冷気を逃さないように敷かれた厚い断熱シート

 

ちょっと大きめのドライアイス

 

ごていねいに蓄冷材まで

 

まだまだ寒い3月初旬でしたが、それでもこの厳重な保管状態。

宅配事業を始めて40年以上の歴史がある訳ですからね。

相応のノウハウがある訳で。

「受け取り忘れ」で放置しない限り、解凍事故はないでしょう。

 

「留置き用宅配ボックスをどこに置くか」への対応法!

留置き用宅配ボックスは、一人暮らしの部屋には持て余し気味。

玄関、またはベランダに置くのがよろしいかと。

(ちょっと汚い場合もあるし…。)

筆者は玄関に置きました。翌週回収してくれますから。

玄関が狭くなるのはちょっとの間の我慢ということで。

 

 

手数料がかかるが平気か

手数料は配達地域によって異なります。

以下を参考にしてください。

配達地域 一回当たりの金額(税込み
東京 198円
神奈川 220円
千葉 198円
埼玉 198円
茨城 204円
栃木 204円(佐野市、足利市以外)、210円(佐野市、足利市)
群馬 210円
福島 198円
山梨 198円
長野 198円
静岡 220円
新潟 204円

 

 

「手数料がかかる件」への対応法!

アプリ完結の宅配サービス「タベソダ」を利用すれば、手数料はかかりません。
*その代わり、注文は「タベソダ」からだけしか出来ませんのでご注意を。

「タベソダ」の利用に関しては、こちらをご覧ください。↓

タベソダへの切り替えについて

 

 

【おためしセット】を利用していない方はこちら。

 

\今すぐ試してみる!/

 

 

すでに利用済みの方はこちらをご覧ください。

 

\一人暮らしにも便利!/

 

パルシステムの概要

そもそもパルシステムには、こんな特徴があるんですね。

 

 

  • 農薬や薬品にできる限り頼らない野菜や肉、化学調味料を使わない加工品を揃えている。
  • 放射性物質についても、自主基準を定めて検査している。
  • ネットで注文、決済できる。(買い物の手間が省けて楽。)
  • 配達は平日に。玄関先まで届けてくれる。
  • スーパーの価格よりも多少割高。

 

 

また、カット済みの食材をセットにしたミールキットも品揃え多数

忙しくて調理時間がとれない一人暮らしにとって、便利に使うことができます。

メニューのマンネリ化を防ぐこともできますしね。

 

これらを把握したうえでパルシステムを利用すれば…。

一人暮らしの生活の質も、グンと上がること間違いなしですよ。

 

パルシステム 一人暮らしにとってのメリット・デメリット

一人暮らしの観点から、パルシステムのメリット・デメリットを挙げてみました。

 

デメリット

まずはデメリットから。

ほぼ注意点と同じですけど…。

「一人暮らし」に限ってのデメリットって、この2つくらいなんですよ。

 

 

  • 休日の受け取りができない。(配達予定日の指定はできない。)
  • 留置き用宅配ボックスを持て余す。

 

 

まぁ、仮に家族がいたとしても、配達日に必ず受け取れるわけじゃないですし。

そう考えると、一人暮らしにとっての純粋なデメリットは、宅配ボックスを持て余すことくらいですかね。

 

 

メリット

続いてはメリットを。

利用者全員にとってのメリットになっちゃいますけど…。

 

 

  • 買い物に行く手間がなくなる。
  • 安心・安全の品物が手に入る。
  • ミールキットが充実している。

 

 

買い物に行くのが面倒な時ってあるじゃないですか。

雨の日だったり、暑かったり寒かったりって。

天気に関係なく、一人暮らしだったら自分で買い物に行くしかないわけで。

 

それに、

  • お米
  • 飲料のケース買い

といった重い物を買っても自分で運ばなければならないんですよね。

だからこそ、自宅まで配達してもらえるパルシステムって、本当にありがたいと思うんですよ。

 

しかも、取扱商品が農薬や薬品にできる限り頼らない野菜や肉、化学調味料を使わない加工品ですから。

「安心・安全な食品を食べたい」一人暮らしの方にはピッタリと言えるでしょう。

 

また、家事を全部自分でやらなければならない一人暮らしは、とにかく忙しい。

だからこそ、カット済みの食材をセットにしたミールキットは時短の味方

2~3人前ですから、作り置きしておけばさらに時短できますよ。

 

\一人暮らしにも便利!/

 

 

パルシステムと他社との比較

安心・安全な食材を扱っている宅配サービスは他にもあります。

パルシステムと他社を比較してみました。

 

  扱い商品の値段
(スーパーとの比較)
送料・手数料(税込み 品揃え 配達エリア 支払方法 お試しセットの有無
パルシステム 多少割高
(安い商品もあり。)
  • 送料:無料
  • 手数料:0~220円
    (タベソダ利用で0に。)
  • 食品
  • 日用品
  • 生活雑貨

等々。

1都11県(長野は2021年4月から)

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木

群馬、福島、山梨、長野、静岡、新潟

  • クレジットカード
  • 口座引き落とし(口座振替)
有り
コープデリ パルシステムよりも安め。
  • 基本手数料:80~100円
  • 配達手数料:100~120円
    (配達がない場合は基本手数料のみ)
  • 食品
  • 日用品
  • 生活雑貨

等々。(品揃え豊富)

1都7県

東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬

長野、新潟

  • クレジットカード
    (利用コースによっては使用不可)
  • 口座引き落とし(口座振替)
有り
大地を守る会 価格的には1.5~2.0倍。

*一般会員の場合

  • 送料:0~1,320円
    (注文金額によって異なる)
  • 追加送料:0~770円
    (地方によって異なる)
  • 食品
  • 日用品
全国
  • クレジットカード
  • 代金引き換え
    手数料:330円(税込)が別途発生
  • 後払い(コンビニ・銀行・郵便局)
    手数料:198円(税込)が別途発生
有り
らでぃっしゅぼーや 価格的には1.5~2.0倍。
  • 配送料:0~900円
  • 追加料金:0~650円
    (地方によって異なる)
  • 食品
  • 日用品
全国
  • クレジットカード
  • 口座引き落とし(口座振替)
有り
オイシックス 価格的には1.5~2.0倍。

*一般会員の場合

  • 送料:0~1,800円
  • 冷凍手数料:0または200円
    (注文金額によって異なる)
  • 食品
  • 日用品
全国

*一般会員の場合

  • クレジットカード
  • 口座引き落とし(口座振替)
  • 後払い(コンビニ・銀行・郵便局)
  • Yahoo!ウォレット
  • 楽天ペイ決済
有り

 

扱い商品の値段を考えると、ザックリとですが

コープデリ<パルシステム<らでぃっしゅぼーや<オイシックス・大地を守る会

かと。

確かに一人暮らしの身にとっては、パルシステムは少々割高なんですよ。

でも、買い物に行かなくても良いという利便性や商品の安全性というメリットは捨てがたいですね。

パルシステムに入会して1年以上経った筆者の感想です。

 

\一人暮らしにも便利!/

 

 

まとめ|パルシステムは一人暮らしに向いているか

結論を言うと、「パルシステムは一人暮らしにも向いている」

確かにね、注意することはあるんですよ。

配達日が平日であることや、留置き用宅配ボックスが大きい点など。

 

それでも、買い物に出かける手間は省けますから。

それに、安心・安全に配慮した食材で健康的な生活が送れるし。

ミールキットも自炊にかかる時間の大幅短縮に役立ちますからね。

 

一人暮らしだからこそ、時間を節約して好きなことをしたいですよね?

一人暮らしだからこそ、将来も健康的に過ごしたいですよね?

これらの問いにYesと答える筆者は、これからもパルシステムを使い続けます。

 

下記のボタンからパルシステムの公式サイトにアクセスできます。

あなたもぜひこの機会に、「一人暮らしにも向いているパルシステム」を試してみてください。

 

\一人暮らしにも便利!/

 

【おためしセット】を利用していない方はこちら。

 

\今すぐ試してみる!/

 

 

おためしセットのコスパの良さはこちらの記事で確認できます。

参考にしていただければ幸いです。

あわせて読みたい!

 

 

 

スポンサーリンク