この記事を読んでわかること

ベースブレッドの「シナモン」を徹底解説。

継続利用している筆者が、実際に食べた感想を本音でレビュー。

気になる味や食感は?コスパはどうなのか?

ダイエット中でも安心して食べられるのか?

口コミを含め、メリット・デメリットなどを本気で検証します。

 

ベースブレッドは、「1食2袋分で1日に必要な栄養素の1/3をすべてとれる。」のが特徴の完全栄養食。

その中でシナモンは、菓子パン感覚なのに同量のロールパンよりも糖質が30%も低い

しかも、袋から出せばそのまま食べられるという手軽さ。

菓子パンが食べたいのに、「ダイエット中だから」と我慢するあなたにピッタリです。

 

この記事では、そんなベースブレッドのシナモンについて、

筆者が実食した経験を中心に、徹底的にレビューしていきます。

 

  • 味や食感はどんなもの?
  • ダイエット中でも食べて良いの?
  • 添加物はどんなものを使っているの?

 

こんな疑問や不安がある方は、是非参考にしてください。

 

 

ベースブレッドのシナモン 徹底レビュー

 

早速食べた結果について、詳しくご紹介しますね。

 

味や食感について

 

  • ちゃんとシナモンの味がする。
  • 甘さ控えめながら、感覚的には完全に菓子パン。
  • レンジで温めるとフワッとした食感になるが、フワフワにはならない。

 

ちゃんとシナモンの味がする

1袋にミニサイズのパンが2個入っています。

袋を開けると、しっかりとシナモンの香りがしますね。

シナモン好きなら、この香りだけでもおなかが鳴りますよ。

 

甘さ控えめながら、感覚的には菓子パン

シナモンの香りがする甘いパン。

これはもう感覚的には菓子パンですよね。

 

でも、ベースブレッドのコンセプトは「新しい主食」なんです。

そのため糖質は抑えめですし。

それにたんぱく質はしっかりととれますから。

これだったらダイエットで菓子パンを我慢している方にも大丈夫ですよ。

 

レンジで温めればフワッとする

外袋にはこのような注意書きがあります。

 

温めればフワッとした食感になるんですね。

ただ、コンビニの菓子パンのようにフワフワにはなりません。

 

ちなみにこちらが断面図。

 

写真ではわかりにくいですが、小麦全粒粉のほかにライ麦全粒粉や

スーパーフードとして知られるチアシードが入っています。

そのため粒感があるんですね。

よく噛んで食べれば満腹感も得やすいですよ。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

メリット・デメリット

実食して感じたメリット・デメリットをまとめました。

 

デメリット/イマイチな点

まずはデメリットから。
(あまりデメリットは感じなかったのですが。)

 

デメリット
  • フワフワではない。
  • ついつい食べ過ぎる。

 

フワフワではない

菓子パン感覚ですが、コンビニの菓子パンのようなフワフワ感はありません

しっとりしていますが、噛み応えがあります。

フワフワ感を期待している方にとってはデメリットでしょうね。

 

食べ過ぎる

やっぱりね、おいしいから食べたくなっちゃうんですよ。

サイズも小ぶりだし、2袋くらいはペロッと食べられるんですけどね…。

注意しないと、お腹がパンパンですから。

小食な方だったら、まずは1袋で様子を見てください。

筆者のように、普段はお茶碗大盛り2杯のご飯を食べる方でも、2袋も食べればお腹一杯ですから。

 

メリット/良い点

続いてメリットを。

 

メリット
  • 菓子パンなのにヘルシーでダイエット向き。
  • 完全栄養食である。
  • コスパが良い。
  • 食べ応えがある。
  • 賞味期限が長い。

 

 

ヘルシーでダイエット向き

ベースブレッドのシナモンは、感覚的には菓子パンです。

カロリーや糖質が高そうですが、ヘルシーなんでしょうか。

コンビニで買える菓子パンと比較してみました。
(表は横にスライドできます。)

 

  カロリー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 糖質(g) 食塩相当量(g)
ベースブレッド シナモン
(2個;1袋分)
262 13.5 8.5 26.1 0.7
シナモンロール 1個
(Pasco)
424 7.1 20.2 53.4
(*糖質+食物繊維の合計値)
0.7
メープル&マーガリン 235 2.3 10.0 33.8 0.85
ふわふわちぎりパン
(チョコクリーム)
419 8.0 21.8 46.8 0.77
やさしい甘さのメロンパン 371 7.0 14.2 53.3 0.53
こしあんパン 286 8.5 3.2 54.6 0.6
ミルクフランス 382 6.6 21.9 39.1 0.88

*【メープル&マーガリン】から下は、某社の売れ筋です。

 

ポイント!

ベースブレッドのシナモンは、コンビニの菓子パンに比べて

  • カロリーや脂質、糖質は低め
  • たんぱく質はしっかりととれる

といった点が特徴的。

 

 

添加物についても比べてみました。

こちらはベースブレッドの原材料名。

 

一方、こちらは某コンビニの菓子パンと総菜パンです。

どちらもpH調整剤や酢酸Naが入っています。

 

これらの添加物は、変質・変色防止や日持ち向上のために使われるもの。

いずれも安全性が保障されているんですけど…。

出来れば使わない方が良いよね、というものじゃないですか。

 

ポイント!
コンビニの菓子パンや総菜パンには、pH調整剤や酢酸Naが入っている。

ベースブレッドのシナモンには、合成保存料が入っていないのでヘルシー。

 

 

なお、ベースブレッドは前述の通り、「新しい主食」がコンセプトです。

確かに甘いパンですが、それも控えめですから主食としてはアリですね。

ダイエット中のランチをイメージして、コンビニのおにぎりやカロリーメイトと比較してみました。
(表は横にスライドできます。)

 

  値段(税込み) カロリー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 糖質(g) 食塩相当量(g)
ベースブレッド シナモン
(2個;1袋分)
  • 172円(初回)
  • 194円(2回目以降)
262 13.5 8.5 26.1 0.7
おにぎり(さけ) 151円 182 4.6 2.7 33.9 0.89
おにぎり(ツナマヨ) 124円 252 4.9 10.0 34.7 1.1
カロリーメイト
(プレーン:4本)
216円
(コンビニ価格)
400 8.0 21.9 41.7 0.71

*ベースブレッドは公式サイトの継続コースで購入した場合

 

ダイエットに取り組む方にとって、気になる値段と栄養素を挙げてみました。

おにぎりは低カロリーですが、低たんぱく質だし糖質が高め。

カロリーメイトはカロリー・糖質高めでたんぱく質は低め。

 

ポイント!

ダイエットを成功させたいなら…。

低カロリー・低糖質、高たんぱくのベースブレッド シナモンがおすすめ

おにぎりやカロリーメイトを主食にするよりも、ベースブレッドのシナモンが良い!

 

 

完全栄養食である

シナモンだけでなく、ベースブレッドは完全栄養食。

1食2袋分で1日に必要な栄養素の1/3をすべてとれるんですから。

具体的にはこんな具合です。
(100のラインが1日に必要な量の1/3。)

 

 

栄養がしっかりとれてバランスも良いわけですよ。

ダイエット中のランチだけでなく、忙しい朝食や受験生・ジュニアアスリートの間食にも良いですよね。

 

コスパが良い

すでに挙げた通り、ベースブレッドのシナモンは

  • ヘルシー
  • 完全栄養食
  • 食べ応えあり

なんです。

そのうえ値段は、公式サイトで買えば初回購入時には344円/2袋、2回目以降は387円/2袋。

 

新生銀行によれば、2019年の会社員の平均昼食代は555円とのこと。

2回目以降に注文するベースブレッドのシナモンとの価格差は約170円!

1ヶ月なら約5,000円、1年なら約60,000円もの節約になるんですよ。

 

食べ応えがある

サイズ的にはこんな感じです。

ちなみに厚さは約3㎝弱といったところですね。

 

 

実際小さいんですが、パン生地が詰まっているせいか腹持ちは抜群

小食の方なら1袋、沢山食べる方でも2袋食べたら十分です。

2袋食べれば間違いなく「主食」になりますね。

 

ほんのり甘いのでパクパク食べられるんですよ。

勢いで2袋一度に食べると、後でお腹が苦しいかも。

ただし、5~6時間はお腹が減らないので、間食代の節約になります。

 

賞味期限が長い

ベースブレッドは、公式サイトで購入すれば、賞味限期は約1ヶ月後。

結構長いんです。

その理由の一つが、脱酸素剤を使用しているから。

 

酸素は食品を酸化させ、品質を落とす原因の一つ。

脱酸素剤を使うことで、包装容器の中を無酸素状態にしているんですね。

そのため、pH調整剤や合成保存料を使用しなくても長期保存が可能に。

 

だから少し多めに注文しても大丈夫。

いざという時のために、一種の非常食の感覚で利用することができますね。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

シナモン以外にもベースブレッドには魅力的なパンがある!

それらに関するレビューはこちらの記事でご紹介しています。

是非参考にしてください。

 

あわせて読みたい!

 

 

ベースブレッドのシナモン 口コミ

 

他の方々の口コミを集めてみました。

まずは悪い/イマイチな口コミから。

 

悪い/イマイチな口コミ

 

美味しくない
レビューが良かったので購入したが
美味しくはないです。
身体に良いのは良く分かりますが
レビューに美味しいと書かれてありますが、美味しいとはいえない味です

よしみつよしみつ

もし「シナモン風味のフワフワパン」を期待していたら、おいしくないでしょうね。

 

よしみつよしみつ

ベースブレッドのシナモンにヨーグルトは良いアイデアだと思います!

 

 

良い口コミ

続いては良い口コミを。

 

在宅の仕事でバタバタしたら時も、ぱぱっ食べられます!
美味しいのは当たり前ですが、必要な栄養分もしっかり取れる上に、食べ応えもあって腹持ちいいしおすすめです!
冷たいままでも美味しいですが、温めると、より香りが出てふわっとして、デザート感覚でも楽しめます。健康にも気を使った罪悪感の少ないおやつにも是非!

よしみつよしみつ

忙しい時の食事として助かりますよ。栄養もバッチリですし。

 

よしみつよしみつ

そうなんですよ。シナモンはそのままでもおいしいんです。

 

よしみつよしみつ

筆者もシナモンは大好物です!

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

ベースブレッドのシナモン お得な注文方法

 

では、ベースブレッドのシナモンをお得に買う方法をご説明しましょう。

ベースブレッドは、

  • 公式サイト
  • Amazonや楽天の通販サイト
  • 一部コンビニ(ファミマ)やドラッグストア、ジム等

の3通りの注文方法があるんですね。

 

でも、以下のようなメリットがあるので、公式サイトからの注文が断然おすすめ

 

  • 値段が一番安い。
  • 継続利用すれば特典がある。
  • 初回購入時には、パンがおまけで1袋ついてくる。
  • 到着から賞味期限までの期間が一番長い。

 

 

実際の値段について、公式サイトと通販サイトを比較してみました。

やっぱり安く買いたいですからね。

 

  初回購入(税込み) 2回目以降(税込み)
公式サイト
(継続コース)

スタートセット:3,188円(送料500円含む)

約399円/1食(おまけは除く)

  • シナモン 344円(20%off、以下同じ)

*各1食(2袋)
*シナモン単品での購入は出来ません。

(送料500円含む)

  • シナモン 387円(10%off、以下同じ)

*各1食(2袋)

通販サイト

シナモン単品での購入ができます。

  • シナモン 522円/1食(8食セット、以下同じ)
初回購入時と同じ
(特典等なし)

 

ご覧の通り、公式サイトで注文するのが一番安いんですよ。

また、通販サイトだと、到着から賞味期限までは約2週間。

一方の公式サイトなら約1ヶ月ですから。

着いてからすぐに賞味期限切れになるのはイヤですからね。

 

なお、公式サイトで安く買える「継続コース」ですが、実は解約も簡単。

注文や解約の方法については、こちらの記事でご紹介しています。

是非参考にしてください。

 

あわせて読みたい!

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

よくある質問

 

よくある質問についてもまとめてみました。

 

アレルギー物質はどんなものが入っているの?
含まれるアレルギー物質は、小麦・卵・乳・大豆です。
なお、並行生産材料製造工場では落花生・オレンジ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・さば・鶏肉・バナナ・豚肉・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・アーモンドを含む製品を生産しています。
添加物は何を使っているの?
合成保存料や合成着色料などの添加物は不使用。
安心して食べられますね。
保存方法は?
常温保存でOKです。直射日光、高温多湿をさけ、冷暗所(15~20℃)で保存してください。
15~20℃を大きく上回る場合には冷凍保存がおすすめとのこと。
その場合の解凍方法は、脱酸素剤を袋から出した後にレンチンです。500wで1分温めてみて、加熱時間を調整してください。
お得な「お試しセット」はあるの?
一番安く買えるのが「公式サイトで継続コースを利用する」ことなんです。
その場合、初回の値段は344円/2袋。2回目以降は387円/2袋。
シナモン単品だけを安く買う方法はないんですよ。
どんな支払方法があるの?
継続コースの場合は、クレジットカード、Amazon Pay、代金引換(手数料330円)の3通り。
途中で支払方法を変更することは出来ないのでご注意を。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

ベースブレッドのシナモン まとめ

 

では、改めてベースブレッドのシナモンについてまとめてみました。

 

デメリット
  • フワフワではない。
  • ついつい食べ過ぎる。

 

 

メリット
  • 菓子パンなのにヘルシーでダイエット向き。
  • 完全栄養食である。
  • コスパが良い。
  • 食べ応えがある。
  • 賞味期限が長い。

 

筆者はベースブレッドを継続利用しています。

もちろんシナモンもリピートですね。

低糖質だし高たんぱく。しかも腹持ちが良いですから。

 

カロリーや添加物を気にすることなく、

菓子パン感覚で間食にも主食にもなる。

ダイエットやボディメイクにもってこいですよ。

 

\初回購入は20%off!タップして公式サイトへ!/

 

 

シナモン以外のパンについては、こちらの記事を参考にしてください。

 

あわせて読みたい!

 

 

 

スポンサーリンク