こんにちは。単身赴任中の中年ビジネスマン、よしみつです。

当記事に訪問いただきまして有難うございます。

 

以前私たちの健康を支える「水」の問題を取り上げました。

その時の記事がこちら。
  ↓ ↓ ↓
水道水を美味しく マンションの水が不味い原因と5つの解決方法!

水道水を美味しく マンションの水が不味い原因と5つの解決方法!

 

この記事ではマンションで水道水を美味しく飲む方法として、以下の5点を挙げています。

 

  • レモン果汁を添加する。
  • 水道水を沸騰させる。
  • ミネラルウォーターを購入する。
  • 浄水器を取り付ける。
  • ウォーターサーバーを設置する。

 

しかしながら、自分で取り上げておいて何ですが…。

一人暮らしのあなたには合わない方法もあるな、と思いまして。

そこで、私自身も一人暮らしの身として、あなたにおすすめしたい方法をご紹介しましょう。

それは【浄水器】を取り付けることです。

 

スポンサーリンク

水道水を美味しく飲むために浄水器をおすすめする理由

一人暮らしのあなたが美味しい水道水を飲むためには、浄水器の取り付けがおすすめです。

その理由を挙げてみました。

 

水道水を安心・安全に飲める構造を持っている

浄水器は、水道水の残留物質をろ過する構造になっています。

だから、安心・安全で美味しい水道水が飲めるんですね。

 

では、それ以外の上記で挙げた方法はどうか?

 

そもそもレモン果汁の添加って、【臭いものに蓋】的な対処法ですよね。

水道水に含まれる有害物質を除去してくれるわけではありません。

 

水道水を沸騰させる方法も、残留塩素以外の有害物質の除去は微妙なところ。

 

また、ミネラルウォーターの水質基準の項目数は水道水以下なんですよ。

つまり、水質の基準自体は水道水の方が厳しい。

安心・安全な水が飲みたい方にはミネラルウォーターはおすすめできません。

 

その点、浄水器は国によって品質表示が義務付けられています。

ちなみに、品質表示の中で最も気になる浄水能力は、以下の13項目ごとに表示することとなっています

表の物質名は、消費者庁のHPから引用しました。

(下の表はスライドします。内容が切れてしまう場合はスライドさせたうえでご確認ください。お手数をおかけしてすみません。)
 
 
除去対象物質の区分 除去対象物質の種類を示す用語
(表示名)
遊離残留塩素
  • 遊離残留塩素
濁り(水中浮遊微粒子等の濁りを発生させる物質)
  • 濁り
揮発性有機化合物
  • クロロホルム
  • ブロモジクロロメタン
  • ジブロモクロロメタン
  • ブロモホルム
  • テトラクロロエチレン
  • トリクロロエチレン
  • 1・1・1-トリクロロエタン
  • 総トリハロメタン
農薬
  • 2-クロロ-4・6-ビスエチルアミノ-1・3・5-トリアジン
かび臭
  • 2-メチルイソボルネオール
重金属
  • 溶解性鉛

 

よしみつよしみつ

これだけの項目を検査し、基準をクリアした「浄水器」であれば。

当然ですが、水質において安心・安全、美味しい水道水が飲めるというものですよ。

 

なお、浄水器に関する基準が気になる方はこちらをご覧ください。⇒消費者庁HP

 

私が使っている蛇口直結型浄水器は、以下の画像の通り浄水能力が13項目ごとに表示されています。

消費者庁が指定する基準をクリアしていることが分かりますね。

ただし、全ての浄水器がこの基準をクリアしているわけではありません。

浄水器購入の際は、十分にご注意ください。

 

浄水器は取り付けが簡単ですぐに使える

私が使っている浄水器は取り付けが簡単です。

場所を取りませんし、一度設置すればカートリッジの交換だけで使い続けることが出来ます。

つまり、あまり手間を掛けずに美味しい水道水が飲めるようになるということ。

 

よしみつよしみつ

【面倒なことをしなくても、好きな時に好きなだけ美味しい水道水が飲める】というのは魅力でしょ?

 

水道水を沸騰させ、冷めるのを待つ必要はありません。

また、ウォーターサーバーのように水の配達を待つこともないのです。

 

私が浄水器以外の方法をおすすめしない理由

では視点を変えて、私が浄水器以外の方法をおすすめしない理由を詳しくご説明しますね。

念頭にあるのは、あなたの住環境・生活環境です。

 

なお、レモン果汁の添加や沸騰させる方法は除外しました。

両方とも面倒臭いじゃないですか。明らかに長続きしないので。

 

ミネラルウォーターの購入をおすすめしない理由

それは、「コストがかかる」ということ。

美味しい水を飲むためとはいえ、あなたが念頭に置くべきは以下の条件ではないでしょうか。

  • 一人暮らしは何かと費用が掛かり、節約する必要がある。

 

一人暮らしであれば、節約は必要ですよね?

ミネラルウォーターを購入するとなると、一体いくら位掛るのでしょうか?

日本人に必要な1日当たりの水分量は、1日1.5ℓ程度。
(日本人だけの詳細なデータは無いようなので、データのある欧米人並みと仮定しました。)

その根拠を基に、2ℓのボトルをAmazonで安く購入した場合は120円前後。1日に必要な1.5ℓに換算すると約90円。

1ヶ月では2,700円掛かりますし、1年間では約32,000円。

毎日健康でしっかりと働くための必要経費と思えれば「有り」ですが。

 

⇒ ミネラルウォーターを選択する場合は、コストを念頭に置きましょう

 

ウォーターサーバーの設置をおすすめしない理由

私も1DKのマンションに住んでいますので、1Kや1DKの大きさや間取りは想像がつきます。

一人暮らしの1Kや1DKの部屋に、ウォーターサーバーを置くスペースがありますか?

 

仮に置き場所が見つかったとしても、水そのものは配達されるんですよ。

朝から夜遅くまで働いていらっしゃるあなたは、配達された水を受け取れますか?

 

⇒ ウォーターサーバーを選択する場合は、部屋の広さや配達される水を受け取れるのかを考慮しましょう

 

以上から、あなたが美味しい水道水を飲むために、最もふさわしい方法だと考えるのは…。

水道水を美味しく飲むためには浄水器を利用する、ということなのです。

 

あなたにおすすめの浄水器のタイプは

浄水器のタイプには、以下の種類があります。

  • 蛇口直結型
  • 据え置き型
  • ポット型
  • アンダーシンク型
  • 水栓一体型

 

このうち、一人暮らしのあなたにおすすめするのが蛇口直結型です。

このタイプは、文字通り「蛇口先端に後付けで直結させる」浄水器。

おすすめする理由は、以下の通りです。

 

  • 狭いキッチンでも邪魔にならない。
  • 入手しやすい。
  • 取り付けも簡単。

 

実物はこういうものです。

 

意外に小さいんですよね。

でも、このようなタイプのものでも「美味しい水を飲みたい」というご希望はかなえられるかと。

 

蛇口直結型浄水器のコストを検証する

私の場合、本体価格+替えのカートリッジが3個のセットが約9,000円。

カートリッジは、1日10ℓの水をろ過したとして2ヶ月間は持つそうです。

スポンサーリンク

とはいえ単身赴任中の身なので、そこまでろ過した水を飲んだり使ったりすることはありませんが…。

平日であれば、多くて3ℓ、休日でも5ℓくらいでしょう。
(私は平日に1.5ℓの水筒に入れた水を飲み、休日はそれに加えて自炊用の水を1~2ℓ使っています。)

 

まぁ、仮に2ヶ月間でカートリッジを交換したとしても、このセットで半年間は不味い水とオサラバ出来ると。

替えのカートリッジが3個で約6,000円ですから、1年間で考えれば約15,000円の支出ですね。

月々ですと、約1300円程度。

 

ここで、浄水器のタイプによるコストを表にまとめてみました。価格は目安とお考え下さい。

浄水器のタイプ 本体価格 カートリッジ等の価格 カートリッジの交換 年間コスト
蛇口直結型 約3,000円 約2,000円/個 2ヶ月/1日10ℓ 約15,000円
据え置き型 約8,600円 約3,000円 6ヶ月/1日10ℓ 約14,600円
アンダーシンク型 約30,000円 24ヶ月/1日20ℓ 約15,000円

 

年間コストだけを考えたら、1日20ℓ使用しても24ヶ月(2年間)持つアンダーシンク型が一番お得。

逆に、蛇口直結型は一番割高。その点は、私自身十分に理解しているつもりです。

にもかかわらず、どうしてあなたに蛇口直結型の浄水器をおすすめするのか。

 

蛇口直結型の浄水器をおすすめする理由

コスト的には安いと言えない蛇口直結型の浄水器をおすすめする理由は何か。

理由の一つが「場所を取らない」ということ。

 

例えば据え置き型浄水器。

小さめのものでも、幅:約20㎝、奥行き:約12㎝はあります。

1Kや1DKのマンションってキッチンも狭いじゃないですか。

そのため、私のところでは幅:約20㎝、奥行き:約12㎝のモノでさえ置けないんですよ。

無理にスペースを確保しても、その分洗い物をするスペースが狭くなります。

それは自炊をする身にとって、すごくストレスなんですね。

そうでなくても狭いんですから。

 

もう一つが、「手軽に使える」ということ。

 

例えばアンダーシンク型浄水器。

工事が必要なものも有りますが、あなた自身で作業できますか?

その点蛇口直結型浄水器であれば、面倒な工事も必要ありません。

あなた一人で取り付けが可能です。(私でも一人で出来たんですから。)

多くの通販サイトで、蛇口直結型が売れ行きNo.1であるのも納得です。

 

浄水器を取り付ける際に注意すること

浄水器のタイプにもいろいろあります。水道の蛇口に取り付けるものから、業務用の大型のものまで。

性能もピンキリですね。

ただ、仕組みそのものは、さまざまなフィルタで水道水の不純物を取り除くというもの。

 

そのため、浄水器を使う上での注意点を理解していないと、却って汚れた水を飲むことになってしまいます。

出張や帰省等、長期で使用しなかった場合は、使い始める時には溜まった水を十分に流してから使用するようにしましょう。

また、カートリッジタイプのものも、定期的な交換が必要です。

 

ここまで水道水を美味しく飲む方法として、蛇口直結型浄水器をおすすめしました。

では、どこのメーカーのどんな製品が良いのか?

その点についてはこちらの記事でご説明しております。

816

 

おまけ

美味しい水は飲みたいけれど、もし満足できなければお金を無駄にしてしまう。

そんな不安をお持ちのあなたには、浄水器のレンタルサービスがおすすめ。

ただし、そのサービスで提供されるのは【据え置き型】です。

予め、あなたのマンションのキッチン周りの寸法は十分把握しておいてください。

このサービスを提供しているのは、株式会社ゼンケンさん。

勿論一般社団法人 浄水器協会の会員メーカーです。

 

月額1,700円で高性能浄水器のレンタル
お得で便利なレンタル浄水器

ご紹介する浄水器レンタルサービスの特徴は以下の通り。

 

  • 月々1,700円の費用で済む。
  • 1日30ℓの水を使ってもカートリッジ交換は年1回。
  • しかも、交換されるカートリッジは無料。
  • 工具不要で取り付け可能。
  • 安心の一般社団法人 浄水器協会の会員メーカーさん提供製品。

 

ただし、商品到着後9日以降に解約すると、違約金が発生するとのことなのでご注意を。

 

 

 

スポンサーリンク