こんにちは。単身赴任中の中年ビジネスマン、よしみつです。

当記事に訪問いただきまして有難うございます。

 

こちらが今使っている浄水器、「東レ トレビーノカセッティ MK307MX」です。

 

今回は、私がおすすめする蛇口直結型浄水器をご紹介しましょう。

まず、あなたにお聞きします。

 

安心・安全、衛生的で美味しい水を飲みたいですか?

浄水器の取り付けは簡単な方が良いですか?

他の方々の評価も高い浄水器で飲みたいですか?

 

上記は当然の要望でしょう。

ただ、正直に申し上げますと、全ての方の様々な要望を満たす蛇口直結型浄水器は存在しません。

とはいえ、「浄水器選びに悩む時間がもったいない。さっさと決めてしまいたい。」というものであれば。

あなたにおすすめの浄水器は以下の通りです。

 

順位 メーカー名 商品名
1位 東レ

 トレビーノカセッティ

MK307MX

2位 三菱ケミカル・クリンスイ株式会社 クリンスイMD101
3位 パナソニック株式会社 浄水器 TK-CJ12

 

なお、この記事は2019年9月時点の資料を基にしています。

 

追記 2019年9月

東レのトレビーノには返金のサービスがあります!

記事を最新のものにするため東レさんのHPを見ていたらみつけました!

 

この記事を書いた5月時点ではなかったサービスです。

東レさん、太っ腹ですね。

自社製品に自信があるんでしょう。

 

返金してもらうためには色々と条件がありますが、初めて浄水器を使う方にとっては何ともうれしいサービス!

何時まで継続するサービスかは分かりませんが…。

気になる方は、是非ご確認ください。

東レ トレビーノ 返金保証

 

なお、この記事は最新の情報を提供するようにしていますが、「返金サービス」についてはご自身の目でもご確認ください。

 

スポンサーリンク

東レ トレビーノをおすすめする理由

一人暮らしをする私が「東レ トレビーノカセッティ MK307MX」を選んだ理由を挙げておきます。

 

取り付け部分の水漏れが無い

他社メーカーでは「水漏れがひどい!」との口コミもある浄水器ですが…。

東レ トレビーノではそのようなことがありません。

百聞は一見に如かず。下の画像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤丸部分で示した通り、原水・シャワー・浄水のいずれに切り替えても、全く水漏れがありません

ストレスなく使うことが出来るのは有難いですね。

 

浄水器を取り付けても十分な水量が確保できる

この点についても上記の画像を見ていただきたいのですが。

浄水でも、十分な水量を確保できることがお分かりになりますよね。

シャワーに切り替えても同様です。

東レ トレビーノは、十分な水量が確保できる点でもストレスがありません。

 

切り替えのツマミが大きくて使いやすい

下の画像をご覧ください。

原水・シャワー・浄水を切り替えるツマミです。

なんというか、丁度良い大きさなんですよねぇ。

強い力は不要ですが、かといって触れただけでツマミが回ってしまうようなことはありません。

原水からシャワーに切り替える時に「カチッ」、シャワーから浄水に切り替える時に「カチッ」。

音でも切り替わったことが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心・安全で衛生的な水が飲める

浄水器を取り付ける最大の理由ですよね。

後程ご説明しますが、最低限の浄水能力は欲しいですから。

その点、東レ トレビーノカセッティ MK307MXは基準を満たしています。

 

取り付けが簡単

一人暮らしだと、何から何まで一人でやる必要がありますよね。

そう考えると、取り付けは簡単な方が良いですよ。

「購入したは良いが、取り付けが出来なくて放置したまま」なんて馬鹿らしいですから。

他社の製品ですと、「取り付けが大変」という製品もあるようなんで。

その点、東レ トレビーノカセッティ MK307MXは取り付けが簡単でした。

単身赴任前に家族といた頃も東レ社製品を使用していましたが、蛇口の形が違ってもやっぱり取り付けが簡単でしたし。

 

購入を検討もしくは実際に使った経験の結果

実は、私の奥さんがこの手の浄水器が好きでして。

今までに購入を検討したものの選考から漏れたものや、購入した蛇口直結型浄水器は結構あるんですね。

 

以下は、奥さんの感想です。例えば、

 

  • パナソニックのモノ。(購入検討段階で選考漏れ。)
    ⇒ 初期投資が高くつく。万一気に入らなかった場合のことを考えると不安。
  • 三菱マテリアルのモノ。(購入後すぐに返品。)
    ⇒ 取り付け部分の水漏れ…。私も取り付けてみましたがやっぱり駄目でした。
  • 東レの製品で、本体にデジタル表示があるモノ。(実際に使用)
    ⇒ デジタル表示に必要以上の意義を見いだせず。その分高いので切り替え。

 

といった具合でした。

まぁ、これは一消費者にすぎない家族及び個人的な意見ですが…。

ちなみに、「シーガルフォー」(カウンターに置くタイプ)も使っていましたね。

高くてすぐに止めちゃいましたけど。

 

初期投資を抑えたい

その点では、年間のコストを考えると同社のMK307MXは高くつく(後述します)のですが…。

 

でも、私が1日に使う浄水の量はせいぜい3~5ℓ。
(毎日1.5ℓの水筒に水を入れていくので、ほぼ正確な数字だと思います。)

恐らくあなたも同様でしょう。一人暮らしであれば、1日に10ℓなど使い切れません。

となれば、カートリッジの取り換え時期はスペック表に記載された月数の2倍程度まで伸びるわけですよ。

他のメーカーも同様ですが、ここで問題が。

交換時期の長いカートリッジは、【衛生面】の観点から不安がありませんか。

私は【衛生面】を考えて、交換時期の長いカートリッジは避けたいと思った次第。

 

以上を踏まえて、結果的に私は「東レ トレビーノカセッティ MK307MX」をおすすめする次第。

確かに東レMK307MXはトータルのコストが高いのは事実なんですけどね。

でも、それを上回る利点である以下の7点を評価したということです。

 

  • 取り付け部分の水漏れが無い。
  • 浄水器を取り付けても、十分な水量が確保できる。
  • 切り替えのツマミが大きくて使いやすい。
  • 十分な浄水能力がある。
  • 取り付けが楽。
  • 浄水吐水口の衛生面。
  • 私の家族(購入者)の評価。

 

では、さらに詳しく上記3社の浄水器について、特徴やスペックを比較・確認してみましょう。

 

東レ トレビーノと他社製品を比較する

では順番に各社さんの製品を比較していきます。

まずは、予備知識のない状態から一つ一つ確認していきましょうか。

 

東レ トレビーノと比較する他社製品のご紹介

では私がおすすめする東レ トレビーノカセッティ MK307MXと、他社製品を比較してみましょう。

他社製品は、信頼できるメーカーの中でも低価格に位置付けされる以下2つの製品を対象とします。

これらの製品は、替えのカートリッジも含めた年間コストが1万円前後。

「一人暮らしで水にお金をかけたくないけれど、約1,000円/月の出費なら良いか」と思える機種を選んだということです。

 

 

 

なお、これ以降の記載は、

東レ株式会社 東レ
パナソニック株式会社 パナソニック
三菱ケミカル・クリンスイ株式会社 三菱ケミカル

 

とさせていただきます。(表作成の際に便利でして。)

 

  • 東レ トレビーノ
    カセッティ MK307MX
  • パナソニック株式会社
    浄水器 TK-CJ12
  • 三菱ケミカル・クリンスイ株式会社
    クリンスイMD101

 

東レ トレビーノの浄水能力は優れているか

まず比較するのは浄水能力です。「浄水器」ですから、まぁ当然かと。

以下の表は、消費者庁や浄水器協会が挙げた13種類の除去対象物質の除去能力を、各社の売れ筋商品毎に表したものです。

東レ トレビーノは13種類の除去対象物質をすべて除去する能力がありますね。

物質名/メーカー名 東レ
MK307MX
パナソニック
TK-CJ12
三菱マテリアル
MD101
遊離残留塩素
濁り
クロロホルム
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
1・1・1-トリクロロエタン
総トリハロメタン
農薬(2-クロロ-4・6-
ビスエチルアミノ-1・3・5
-トリアジン)
2-メチルイソボルネオール
溶解性鉛

東レと三菱マテリアルの製品は、消費者庁や浄水器協会が挙げた13種類の除去対象物質に対応するものとなっています。

一方で、パナソニックの製品は11種類に留まっています

どうやら「クロロホルム」と「1・1・1-トリクロロエタン」は除去対象外となっているような…。

 

メーカーサイトを確認すると「11物質+6物質が除去される」とあるので、気にすることは無いとも考えられますけど。

ちなみに、同社のTK-CJ23という上位機種では、13種類の除去対象物質が除去できるようですね。

ただ、この上位機種の本体価格は1万円近くするんですよねぇ。

 

「ん?消費者庁や浄水器協会が挙げた13種類の除去対象物質って何だ?」と思われた方へ。

その答えは、こちらの消費者庁のHPに記載されています。

浄水器の浄水能力について書かれているんですよ。

除去対象物質として13種類が挙げられており、さらに細かく表示方法まで記載されているんですね。

 

また、浄水器に関する我が国唯一の業界団体で、消費者に「安心でおいしい水」を提供することをコンセプトとしている一般社団法人 浄水器協会のHPにも同様の記載があります。

やはり合計13種類の除去対象物質が挙げられています。

 

折角お金を払って美味しい水を飲むのですから、最低でもこの13種類の【有害物質】は取り除いて欲しいもの。

そういう意味では、パナソニックのTK-CJ12は若干検討の余地ありかな、という感じです。

 

東レ トレビーノは衛生面で優れた浄水器か

水道水には、大腸菌や一般細菌等を法律で定められた基準値以下の安全な水にするため、塩素が含まれています。

浄水器の構造は、その塩素や鉛、その他の有害物質をカートリッジ内でろ過してくれるモノ。

つまり、毎日の使用でカートリッジ内や浄水器の吐水口には有害な物質が蓄積していくわけです。

特に浄水器の吐水口は、汚れが溜まりやすいところなんですよ。

なぜなら、カートリッジ内で塩素をろ過した消毒済みの水が溜まるする訳ですから。

 

だからこそ、浄水器の吐水口は常に衛生的に保ちたいですよね。

その点、東レ トレビーノカセッティ MK307MXはカートリッジと浄水吐水口が一体ですから、カートリッジの交換=浄水吐水口の一新となる訳で。

コスト的には難ありですが、カートリッジの交換は2ヶ月に1回(10ℓ/1日の使用)とされています。

これならば、浄水吐水口は衛生的に保たれていると言っても良いでしょう。

(下の写真は、東レ トレビーノカセッティ MK307MXのカートリッジの浄水吐水口)

 

ところで、夏場などは、吐水口に雑菌が繁殖しやすくなっているので注意が必要!なんですね。

それは、夜間に吐水口やカートリッジ内の浄水が雑菌で汚染されている可能性があるため。

私は、浄水器を使う期間が長くなるほど少しずつ安全性は落ちていくものだろうと考えました。

そのため、浄水器を選ぶ条件として【衛生面】を最優先にし、短ければ2ヶ月、長くても3ヶ月に1度位のカートリッジ交換が良いと思ったのです。

 

原水の吐水口も同様です。

下の写真は東レ トレビーノカセッティ MK307MXの原水の吐水口です。

 

下の写真は原水の吐水口のキャップを外したところ。

実に簡単に外れます。

 

下の写真が外したキャップ。

今はそれほど汚れていませんが、使用期間が長くなれば汚れが溜まるんですよ、これが。

原水と言えども、吐水口が汚れていては浄水器の意味がありません。

吐水口が汚れが気になるので掃除したい。

そんな時に着脱が簡単なこのキャップは有難いです。

 

確かにカートリッジを長期間変えずに済むということは、コスト的に考えれば大きな優位点です。

でも、【衛生面】を最優先に考えて美味しい水を飲みたいのであれば。

浄水器の吐水口やカートリッジ内の衛生面も考えるべきではないでしょうか。

だからこそ、カートリッジの使用期間はあまり長くない方が良いと考える次第です。

 

東レ トレビーノは価格面で優れているか

本体価格やカートリッジ価格も比較してみましょう。

なお、価格はAmazonでのものを参考にしています。(2019年9月時点)

メーカー名
/単価
東レ
MK307MX
パナソニック
TK-CJ12
三菱マテリアル
MD101
本体 ¥2,627 ¥5,711 ¥2,950
カートリッジ ¥1,660/2ヶ月 ¥4,591/12ヶ月 ¥2,579/3ヶ月
1年当りの
コスト
¥12,587
(本体+カートリッジ6個)
¥10,302
(本体+カートリッジ1個)
¥10,948
(本体+カートリッジ4個)

 

カートリッジ価格は、東レ、三菱マテリアルともに3個入りの商品から1個当たりの単価を算出しています。

また、カートリッジの使用期間は、1日当たり10ℓ使用するという前提で公表されているメーカーの数字です。
(パナソニックは、4,000ℓを交換の目安にしているので、1日10ℓ使用しても13ヶ月持ちますけど。)

 

表面的な本体価格とカートリッジ価格だけ見るとパナソニックのTK-CJ12は最高値ですが…。

このカートリッジは、実は約1年間(4,000ℓ)使用出来るという優れもの。

結果的に1年間のコストは最も安くなっています。

 

とは言うものの、前述の通り【衛生面】の観点から、あまり長いカートリッジの使用は賛成できません。

ということで、コストを最優先にしたい方にのみおすすめめできるパナソニックのTK-CJ12でした。

ちなみに、私がおすすめする東レ トレビーノカセッティ MK307MXは一番割高!

価格面での優位性はありませんでした。

 

東レ トレビーノのサイズを考える

一人暮らしの者が住むマンションのキッチンは狭いもの。私自身毎日それを痛感しています。

であれば、浄水器は小さなものが良いですよね。

そこで、それぞれのサイズも確認しておきます。

メーカー名
/サイズ
東レ
MK307MX
パナソニック
TK-CJ12
三菱マテリアル
MD101
高さ 98 75 103
144 125 148
奥行き 78 110 58

蛇口直結型浄水器は、カートリッジをどこに配置するかで大きさが異なります。

東レと三菱マテリアルは蛇口の横に、パナソニックは奥に配置しているため、このようなサイズの違いがあるんですね。

サイズだけ見たら一長一短ですが、個人的には奥行きの大きさが気になります。

洗い物をする時に、奥行きがあるモノだと邪魔に感じるんですよ。

その点を考慮すると、三菱マテリアルの一歩リードというところですね。

 

他の方々の評価を比較する

商品購入の際には、実際に使っている方々の意見は大いに参考になるもの。

幾つかの通販サイトでは、三菱マテリアルの製品に対して「水が漏れる」「水が跳ねる」という、同じような低評価が。

 

これは少々気になりました。

というのも、冒頭でお伝えした通り、以前同社の製品を購入した時に家族が実際に経験したことだったからです。

奥さんが取り付けて水漏れしたので、私が取り付け直したんですが…。

水漏れは解消しませんでしたね。

ポタポタと垂れるような感じですので、気にしなければ良いのかもしれませんが。でもねぇ。

 

そこで、もう少し詳しく調べてみました。カスタマーレビューのチェックです。

まずはそれぞれのレビュー数と総合的な評価です。

メーカー名 東レ
MK307MX
パナソニック
TK-CJ12
三菱マテリアル
MD101
カスタマー
レビュー数
137件 245件 1,300件
総合評価 4.5点 4.5点 4.2点

 

続いては低評価(☆2つと1つ)の割合と実数です。

メーカー名 東レ
MK307MX
パナソニック
TK-CJ12
三菱マテリアル
MD101
☆2つ 0%(0件) 3%(6件) 3%(42件)
☆1つ 2%(2件) 2%(5件) 4%(48件)

 

ここで、気になる低評価の中身を確認してみます。

特に、「水漏れ」や「水跳ね」の割合ですね。

上記の☆2つと1つに占める「水漏れ」や「水跳ね」の割合です。

メーカー名 東レ
MK307MX
パナソニック
TK-CJ12
三菱マテリアル
MD101
「水漏れ」
「水跳ね」
50%(1件/2件) 64%(7件/11件) 48%(43件/90件)

 

東レはレビュー数自体が少ないので、評価が難しいところですが…。
低評価(☆2つと1つ)が少ないのは、安心材料といえるのではないでしょうか。

パナソニックは、総合評価こそ東レさんと同じ4.5です。
ただ、「水漏れ」や「水跳ね」が多いように思います。

三菱は総合評価が3社の中では最低の4.2でした。
☆1つの割合も4%と高め。

 

あくまでも他の方々の意見ではありますが、実際に使用したうえでの感想です。

参考にしてはいかがでしょうか。

ちなみに東レ トレビーノに「水漏れ」や「水跳ね」が無いことは、既に画像で見ていただいた通りです。

 

まとめ

では、改めてそれぞれの条件で東レ トレビーノと他社の浄水器に順位をつけてみましょう。

メーカー名/順位 東レ
MK307MX
パナソニック
TK-CJ12
三菱マテリアル
MD101
浄水能力 1位 3位 1位
トータルコスト 3位 1位 2位
サイズ 2位 3位 1位
私の家族の評価
(個人的評価ですが…。)
1位 2位 3位
他の方々の評価 1位 3位 2位
総合評価 1位 3位 2位

 

最後に

最後に、

  1. 衛生的な美味しい水を
  2. 取り付けが簡単
  3. 水漏れや水跳ねのストレスが無い

浄水器で飲みたいと考える方に、おすすめしたい商品の順位付けをしておきます。

順位 メーカー名 商品名
1位 東レ  トレビーノカセッティ
MK307MX
2位 三菱ケミカル・クリンスイ株式会社 クリンスイMD101
3位 パナソニック株式会社 浄水器 TK-CJ12

 

 

なお、今まであなたの健康を下支えする「水」の問題を、2つの記事で取り上げました。

こちらもご覧になっていただければ。

 

マンションの水を美味しく飲む方法 原因と5つの解決方法をご紹介!

 

マンションにオススメは、蛇口直結型浄水器!単身赴任中のあなたにその理由を解説

 

あなたの健康を下支えする衛生的で美味しい水を得るために、この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク