この記事を読んでわかること

食宅便の「塩分ケア」は、1食当たりの塩分を2.0g以下に抑えたメニューです。

その「塩分ケア」を、食宅便の他のシリーズも食べてきた筆者が本音でレビュー。

特徴やメリット・デメリットは?

そして、「ちょっと困った件」とは?

 

外食やコンビニ弁当って味付けが濃くて、塩分の取り過ぎが気になりませんか。

かといって、「低塩」や「減塩」は美味しくないと思っている方も多いでしょう。

食宅便の塩分ケアは、そんな方のためにある冷凍宅配弁当です。

 

 

食宅便 塩分ケアコースとは

 

食宅便の塩分ケアは、食宅便が揃える「ケアシリーズ」の一つ。

1食当たりの塩分を2.0g以下に抑えているのが最大の特徴です。

 

なぜ塩分2.0g以下なのか?という疑問に対する根拠がこちら、厚労省の資料。
(太文字は筆者による。)

 

健康な日本人の成人男女が当面目標とすべき1日の食塩摂取量は各々7.5g未満と6.5g未満とされていますが、最近の調査結果によると何れも平均2g程度(濃口しょう油に換算すると小さじ2杯強に相当)上回っている状況です。また、高血圧や慢性腎臓病の方については、重症化予防のため1日6g未満とすることが推奨されています。

引用:e-ヘルスネット|厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

 

なかなか厳しい数字ですね。

それだけに、塩分のとりすぎを気にする方には「食宅便の塩分ケア」は強い味方。

 

なお、塩分ケアには基本的にAからGの7つのコースがあるんですね。

各コースの7食平均の栄養成分は以下の通り。(成分の記載は順番を変えています。)

表は横にスクロールできますので。

コース名 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
A 1.5 238 15.5 14.1 12.2 281 150
B 1.7 241 16.3 13.7 13.0 317 150
C 1.7 216 15.0 11.1 13.8 326 147
D 1.5 246 16.8 13.6 14.7 310 155
E 1.7 241 12.9 13.1 17.5 301 138
F 1.9 232 14.5 13.2 13.9 236 128
G 1.7 223 14.5 12.9 12.1 272 156

 

それぞれのコースには、7食分がセットされています。

そして1食当たりのおかずは5品。これって他社と比べても多いんですよ。

 

ちなみに、値段は1食当たり620円(税込み)、これも他社と比較して安い部類

低塩や減塩は長い期間取り組む課題ですから。

そういう意味ではうれしい値段設定と言えます。

 

\体にやさしい!/

 

 

食宅便 塩分ケアコースのレビュー

今回筆者がチョイスしたのは、【塩分ケア おかず7食C】。

これを、筆者が普段食べるご飯茶碗大盛り2杯のおかずとしてレビューしました。

 

初めに総合評価から。

 

低塩を感じさせない工夫があり、味付けも悪くないですよ。

ただ正直に言えば、(ご飯茶碗大盛り2杯には)物足りないと思うおかずもちらほら…。

塩分ケアは、食べる人を選ぶメニューと言えますね。

 

「食べる人を選ぶメニュー」とは、万人向けではないという意味。

やっぱり塩分2.0g以下ですからね。薄味な訳で。

だからこそ、「1食当たりの塩分は2.0g以下!」と決めている方にはおすすめです。

 

では個別にレビューを。

実食したのは以下の通りで、メニュー名をタップすると説明記事にジャンプします。

 

メニュー名
赤魚の煮付
ハンバーグおろしソース
鯵(アジ)の当座煮
さっぱり豚肉の中華風
鶏のトマトソースとじゃが芋の洋風煮
鰤(ブリ)の山椒焼き
コク旨韓国風チゲ

 

 

赤魚の煮付

 

おかずは時計回りに、以下の内容でした。

  • ほうれん草とツナの炒め物
  • マッシュポテト
  • ミートソース
  • 茄子の香味ソースかけ
  • 赤魚の煮付け

 

栄養成分は以下の通り。
(表は横にスクロールできます。以下同じ。)

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
含有量 1.7 217 15.0 9.0 19.0 349.0 148.0

 

 

ポイント!

やっぱり、というか当然というか、全てのおかずが薄味です。
(特にナスの香味ソースかけ)

それでも、「薄味だし、まずい」とは思いませんでしたよ。

ほうれん草とツナの炒め物や赤魚の煮付けはちゃんと旨味を感じましたし。

 

 

ハンバーグおろしソース

 

おかずは時計回りに、以下の内容でした。

  • スクランブルエッグ
  • 玉ねぎとマッシュルームのソテー
  • カボチャのグラタン風
  • エビとブロッコリーのソテー
  • ハンバーグおろしソース

 

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
含有量 1.7 218 13.1 10.0 18.8 443.04 176.79

 

 

ポイント!

ハンバーグおろしソースやスクランブルエッグは安定の美味しさ。

カボチャのグラタン風も良い箸休めでしたよ。

見た目もきれいで、全体的に満足度の高いメニューでした。

 

 

鯵(アジ)の当座煮

 

おかずは時計回りに、以下の内容でした。

  • 小松菜と小えびの和え物
  • カボチャの煮物
  • 鶏肉の黒コショウソース
  • おからのカレー風味
  • 鯵(アジ)の当座煮

 

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
含有量 1.7 205 15.3 8.8 16.1 341.0 164.0

 

 

ポイント!

鶏肉の黒コショウソースは、鶏肉が柔らかくて良い味でした。

おからのカレー風味も、香辛料のお陰で薄味を感じさせませんでしたよ。

でも、一番のお気に入りはカボチャの煮物。甘みがあって美味しかった!

 

 

さっぱり豚肉の中華風

 

おかずは時計回りに、以下の内容でした。

  • キャベツとあさりのボンゴレ
  • 五目豆煮
  • サワラ唐揚げのあんかけ
  • 中華五目春雨
  • さっぱり豚肉の中華風

 

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
含有量 1.5 205 18.4 10.1 10.2 186.15 148.92

 

 

ポイント!

キャベツとあさりのボンゴレが美味しい!あさりはプリプリだし。

サワラ唐揚げのあんかけや、さっぱり豚肉の中華風も美味しくいただきました。

五目豆煮は薄味でしたが、全体的には満足度の高いメニューでしたね。

 

 

鶏のトマトソースとじゃが芋の洋風煮

 

おかずは時計回りに、以下の内容でした。

  • れんこん炒め
  • ほうれん草の白和え
  • ジャガイモの洋風煮
  • 厚揚げとナスのおろしあん
  • 鶏のトマトソース

 

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
含有量 1.9 214 17.3 12.3 11.8 398.0 142.0

 

 

ポイント!

れんこん炒めは塩気も甘みも感じませんでしたね。ちょっと微妙…。

また、ジャガイモの洋風煮は食感がイマイチ。

とはいえ、メインの鶏のトマトソースは美味しかったですよ。

 

 

鰤(ブリ)の山椒焼き

 

おかずは時計回りに、以下の内容でした。

 

  • きんぴらごぼう
  • パイナップルのコンポート
  • 絹揚げともやしの肉味噌掛け
  • 小松菜とコーンのこがし醬油風味
  • 鰤(ブリ)の山椒焼き

 

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
含有量 1.8 201 18.2 9.5 10.7 344.0 179.0

 

 

ポイント!

パイナップルを除き、どのおかずも低塩ながら旨みを感じたお弁当でしたね。

それに鰤(ブリ)の山椒焼きは、まったく生臭さもなくて身もふっくら。

魚のメニューは匂いが気になるだけに、期待はしていなかったのですが。

良い意味で裏切られました。

 

 

コク旨韓国風チゲ

 

おかずは時計回りに、以下の内容でした。

  • チンゲン菜と鶏肉のソテー
  • 薩摩芋のシナモン風味
  • もやしナムルの卵のせ
  • 野菜の旨煮
  • コク旨韓国風チゲ

 

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg) リン(mg)
含有量 1.6 233 12.1 15.4 11.5 241.68 102.6

 

 

ポイント!

コク旨韓国風チゲは、ちょっとピリ辛。ご飯がすすむ味付けでしたね。

野菜や魚(ホキ)、豚肉、豆腐が入って、栄養バランスもバッチリ。

欲を言えば、もうちょっと味付けが濃くても良かったかな。

 

\体にやさしい!/

 

 

食宅便の塩分ケア「ちょっと困った件」

 

全てのメニューを食べ終わって感じたことをまとめました。

「ちょっと困った件」についてもお伝えしますね。

 

全てのメニューを食べ終わって

筆者が「ちょっと困った」のは、低塩ケアシリーズを全面的におすすめ出来ないから

真剣に減塩に取り組んでいる方専用という印象を受けました。

 

前述の通り、正直に言えば(ご飯茶碗大盛り2杯には)物足りないと思うおかずがちらほら…。

辛みや油、旨みを加える等の「美味しく食べられる工夫」はあるんですけど。

宅配弁当としての美味しさで言えば、平均点という感じですね。

 

でも、塩分ケアは1食当たりの塩分が2.0g以下というのが最大のポイント。

繰り返しになりますが、1食の塩分は2.0g以下。」と決めている方におすすめかと。

 

\体にやさしい!/

 

 

他に塩分控えめなコースはあるか

 

上の写真は低糖質セレクトBの「赤魚のアボカドソースと豚肉のソテー」。

実は、この「糖質セレクト」も、塩分は控えめなんですよ。

低糖質セレクトBというコースの栄養素は、7食平均で以下の通りです。

 

栄養成分 食塩相当量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) 糖質(g) 食物繊維(g)
含有量 1.7 225 19.2 13.0 7.7 5.9 1.8

 

カリウムとリンの記載はありません。

でも、十分に低塩ですよね。

それにね、何よりも美味しいんですよ。味の評価では塩分ケアよりも上です。

しかも値段は1食当たり560円(税込み)だし。

 

低糖質セレクトには、塩分2.0gオーバーのコースもありますが、それでも約2.0gと言える範囲。

そのため、以下に当てはまる方には低糖質ケアがおすすめですね。

 

  • 1食の塩分は2.0g程度であれば良い。(2.0g以下である必要はない。)
  • カリウムやリンの含有量が分からなくてもOK。
  • 塩分だけでなく、糖質も気になる。
  • 糖質ダイエットに興味がある。(ダイエットしたいなら、運動もしてくださいね。)
  • 美味しい宅配弁当希望!

 

食宅便の低糖質セレクトに興味を持った方は、こちらもご参考に。

低糖質セレクトのレビュー記事です。

 

あわせて読みたい!

 

 

食宅便 塩分ケアコースのメリット・デメリット

 

塩分ケアコースを食べて感じたメリットやデメリットを。

 

食宅便 塩分ケアコースのデメリット

まずはデメリットからお伝えしますね。

 

デメリット
  • 味付けに「物足りない」と思うおかずがいくつかある。
  • 温めムラができる。

 

塩分が2.0g以下ですからね。それは分かっているんですが…。

やっぱり物足りないな、と思っちゃうんですよ。

割合で言ったら、おかずの3割程度が当てはまりますね。

 

温めムラができるのは、安い電子レンジを使っているせいかもしれません。

お弁当が半解凍の状態でレンチンすることで解消しました。

追加で加熱すれば良いだけの話ですしね。デメリットは言い過ぎでした。

 

 

食宅便 塩分ケアコースのメリット

 

メリット
  • 1食当たりの塩分が2.0g以下に設定されている。
  • 低塩ながら、しっかりと旨みも感じる。
  • 塩分だけでなく、カリウムやリンも管理されている。
  • おかずが5品もある。

 

塩分控えめな宅配弁当は他社にもありますが、

  • 塩分量は2.0g以下
  • 美味しい

を両立させるのは大変なこと。

 

いくつかのおかずに物足りなさを感じましたが、全体で見ればしっかり平均点。

おかずが5品もあるので、楽しみながら食事ができますし。

真剣に低塩や減塩に取り組む方にとって、塩分ケアは良く出来たコースだと言えるでしょう。

 

\体にやさしい!/

 

 

食宅便の塩分ケアコース まとめ

 

食宅便の塩分ケアコースについてまとめました。

 

  • 1食当たりの塩分は2.0g以下。
  • 値段は1食当たり620円(税込み)。リーズナブルで使い続けることができる。
  • 塩分だけでなく、カリウムやリンの表示もある。
  • 塩分の不足を感じさせない工夫があり、美味しく食べられる。
  • おかずが5品もあり、楽しみながら食事ができる。

 

これらは良い点ですね。

一方で、

 

  • (塩気がなくて)物足りないおかずがある。

 

という残念な点もあるんですけど。

 

いずれにしても食宅便の塩分ケアは、

  • 真剣に低塩や減塩に取り組み、
  • 1食当たりの食塩を2.0g以下に抑えたいという方に最適

です。

1食当たりの値段が620円(税込み)と、コスパが高いことも魅力ですしね。

 

\体にやさしい!/

 

 

「塩分は2.0g程度で良いや」という、ゆるい低塩を希望されるなら。

食宅便の低糖質セレクトもご検討くださいね。

 

あわせて読みたい!

 

 

 

スポンサーリンク