この記事を読んでわかること

アフィリエイトを始める時に感じる不安について考えてみましょう。

その不安とは、「どんな点に気をつけて文章を書けば良いのか」というもの。

また、「上手い文章を書かないとダメなのか」というもの。

それぞれの答えは、ある程度はっきりしているんですね。

では、稼ぐために気をつける7つの書き方とは?

そして、上手い文章が書けなくても大丈夫と言える根拠とは?

 

文章が上手く書ければ、紹介する商品やサービスが売れて稼げるはず。

そう思っていませんか?

 

確かに一理あるんですね。

でも、文章が上手ければ稼げる、というのはちょっと違うかなと。

文章を上手く書くよりも、気をつけるべき点があるんですよ。

 

ということで。

今回は、ブログ記事を書くにあたり、気をつけるべき点を。

あわせて、文章が上手く書けなくても大丈夫な理由についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

稼ぐために気をつける7つの書き方

 

では早速結論から。

 

稼ぐために気をつける書き方
結論は最初に書く。

1つの文章は短く書く。

確かなデータを基にして書く。

簡単な言い回し、分かりやすい表現で書く。

断言して書く。

文章は3行以内に収めて書く。

画像や図を利用する。

 

以上の7点は私も心掛けていることです。(出来ていない記事もあるんですが…。)

早速ですが、それぞれについてご説明しますね。

 

結論は最初に

結論は、記事の最初で書くようにしましょう。

 

読者があなたのブログに求めるもの。

それは、読者の悩みや不安に対する【回答】ですよね。

 

そのため、今まで文章を書く上で教えられた「起承転結」は忘れましょう。

なぜなら、読者が知りたいのは【回答】であり、説明文ではないから。

 

あなた自身の行動を振り返ってみてください。

悩み事があって検索したのに、結論が一番最後にあるブログの記事を最初から読みませんよね。

 

読者はせっかちですから。

「記事の最初からていねいに読んでくれる人はいない」と思った方が良いでしょう。

 

1つの文章は短く

記事が画面いっぱいに広がるブログを見かけますが…。

それだけで読む気がなくなりませんか?

 

われわれが長い文章を理解しようとすると、何度か読みなおしますよね。

それって、読者の立場で言えば負担がかかっていること。

 

最初から最後まで長い文章に付き合ってくれるほど、読者は優しくないと考えましょう。

 

読者に読みやすく、理解しやすい文章にするためには。

1つの文章は短く

そして、出来れば箇条書きのように読みやすい形を取り入れることです。

 

文章は3行以内に収める

1つの文章を短くすることおすすめしましたが、それが出来ない場合もあります。

では、長くなる文章は、どの程度を目安とすべきか。

文章の長さは、どんなに長くなっても1行に収めたいですね。

 

長くなりそうな文章は途中で区切る。

そして、3行以内の文章構成にするのが良いでしょう。

 

例えばこういうことです。

例えて言えば、「テーマ」はWordPressに着せる機能付きの服のような大切なものなんですが、その理由は「テーマ」によって機能や見た目が違ってくるからなんですね。

 

⇒ WordPressにとって、「テーマ」って大切なんですよ。

 「テーマ」とは、例えて言えば、WordPressに着せる機能付きの服のようなもの。

 「テーマ」により、機能や見た目が違ってくるんですね。

 

読者の立場になった場合、どちらの文章が読みやすいかという視点で考えましょう。

 

 

確かなデータを基にする

紹介する商品やサービスが、あなた自身で体験したものでなければ。

残念ながら「中身のない、うすっぺらい記事」になってしまいます。

 

読者は敏感です。

「あ、この人は自分で使っていないな」とすぐに気がつきますから。

 

あなたが紹介する商品やサービス。

それらはあなた自身が使用・利用し、確かなデータがあるものにしましょう。

 

経験が記事に説得力を持たせ、あなたの【回答】が読者に納得感を与えますから。

納得感を得た読者は、購買意欲も高まっていることでしょう。

 

簡単な言い回し、分かりやすい表現にする

記事は誰にでもわかるように、簡単な文章で。

これも大切なポイントですね。

 

ただ、「誰にでもわかりやすく書く」事は、本当に難しいと思います。

ついつい「まぁ、これくらいならわかるだろう。」と思いがちですし。

 

分かりやすく書くためのコツの一つは、例えて説明することかと。

それも、誰でもわかるような「例え」ですね。

または、言い方を変えて説明するのも良いでしょう。

 

こんな感じでしょうか。

 

WordPressにとって、「テーマ」って大切なんですよ。

「テーマ」とは、例えて言えば、WordPressに着せる機能付きの服のようなもの。

「テーマ」により、機能や見た目が違ってくるんですね。

 

沢山の読者のことを考えれば。

簡単な言い回し、分かりやすい表現で書くことが大切なのは当然かと。

 

断言する

文章の終わりが、「だと思います。」「らしいです。」で終わっていたら。

なんだか自信が無さそうに感じますよね。

 

冒頭でお伝えした通り、読者が求めるのは【回答】です。

あなたの「想像」や「推測」は、読者にしてみれば「頼りない」と思われがち。

それを避けるためには、断言することが大切です。

 

商品やサービスを紹介するにあたり、あなた自身が使用・利用していれば。

そこに「想像」や「推測」はないハズ。

 

「もし間違っていたら嫌だな」といった気持ちが起きないように、自分自身で経験する。

そしてそれを記事にする。内容は、全て断言できるものになりますよ。

 

あなたが断言する姿勢は、読者の心を動かし、良い感情を生み出すことでしょう。

 

画像や図を利用する

文字だけの記事よりも、画像や図を使った記事の方が読者に伝わりやすいですね。

視覚的に訴えるものがありますから。

 

記事は文字情報だけでなく、可能な限り画像や図を使うこと。

読者に理解してもらうための工夫といえるでしょう。

 

 

かーちゃんかーちゃん

「WordPressでブログを始めたいわぁ。」

よしみつよしみつ

「そんなあなたにおすすめしたいのはエックスサーバー!」

 

エックスサーバーは、国内シェアNo.1の高性能レンタルサーバー。

初心者にも安心の、手厚いサポートも付いています。

Xserver

 

 

 

文章が上手くなくても稼げる理由とは

さて、文章が上手くなくてもアフィリエイトで稼げる、とお伝えしました。

スポンサーリンク

その理由を、具体的な例を挙げてご説明しましょう。

 

読者を的確に想定することで売れるようになる

例えばですね、勤務先やお取引先を思い出してください。

話の上手なセールスマンが、全員稼ぎ頭となっていますか。

話が上手いにもかかわらず、売上予算達成に苦労している方はいませんか。

 

リアルなビジネスも、アフィリエイトも、商売である以上お客さんがいます。

パソコンのディスプレイの先には、悩みを持つお客さんがいるんですよ。

だからこそ、読者が何を求めているのかを考えるということ。

 

それを考えずに、「どうやって上手く文章を書こうか」と考えるのは…。

本筋から外れていると言えるでしょう。

 

自分で経験したものを紹介する事で売れるようになる

これは当たり前ですね。

前述の通り、アフィリエイトする商品を自分で使う。

そして、納得するものだけを紹介する。

 

この2点を徹底すれば良いのです。

つまり、説得力を持たせられるように努力することですね。

 

自分で選んで、自分で試した商品やサービスであれば。

紹介する文章も具体的になりますよね。

テクニックなどではなく、「この部分は今一つだけど、それさえなければ100点満点」といった文章が書けるわけです。

 

そういう文章こそ読者が求めるもの。

もし、その文章の修飾語の使い方や文章の構成に難があったとしても。

必要以上にその点を気にする人はいませんから。

 

紹介する商品をご自身で試していれば、必ず説得力のある文章が書けます。

その説得力によって物が売れるのです。

 

それでも上手い文章を書けるか不安なあなたへ

それでも不安なあなたに、以下の3点をお伝えしますね。

 

  • そのような心配をしている時間があれば行動する。
  • 文章を書くには、書き続けて慣れるしかない。
  • 小説家になる必要は無いと割り切る。

 

いわば精神論的なモノですが。

ここをクリアしないとアフィリエイトの世界に入ることが出来ないですからね。

それぞれについて、考えてみましょう。

 

心配している時間があれば行動する

「文章が上手く書けないとダメなのか」と心配していても、上手く書けるようにはなりません。

それに、今までの人生で沢山の文章を書いてきましたよね。

であれば、あなたはすでに文章を書く力があるんですよ。

 

今のあなたは、プロ野球チームに入団する前の選手のようなもの。

つまり、入団直後から大活躍できるか不安を抱えている状態です。

 

でも、プロ野球選手だって、入団直後から大活躍できるのはほんの一握り。

多くの選手は、練習に練習を重ねることによって一流プレイヤーになるわけですから。

 

 

もうお分かりですね。

あなたが文章を上手に書く自信がなくても、今は気にする必要はない、ということです。

これからたくさんの文章を書くことで、上手くなりますから。

 

文章を書くには、書き続けて慣れるしかない

このような、当たり前のことを申し上げるのは恐縮ですが。

物事をやるうえでの鉄則ですよね。

ゴルフ然り、英会話然り。勤務先の業務も同様でしょう。

 

スコアを上げるためには、流ちょうに話すためには、業績を上げるためには。

それらをやり続けなければならないのです。

 

ご自身の経験からも納得してもらえると思いますが、いかがでしょうか。

 

小説家になる必要はないと割り切る

漠然とした「上手く書かないとダメだ」という思い込みは、捨てましょう。

小説家になる必要はないのですよ。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要なこと。

それは、読者が欲しい【回答】を示すことです。

 

読者は何らかの疑問や不安があり、それらを解決するためにネットで検索しています。

その疑問や不安が解決できれば、文章の上手・下手は最重要事項ではありません。

それに、文章で上手く説明できなければ、画像や動画で補足しても良いのですから。

 

まとめ

では、もう一度「稼ぐために気をつける書き方」を挙げておきます。

稼ぐために気をつける書き方
結論は最初に書く。

1つの文章は短く書く。

確かなデータを基にして書く。

簡単な言い回し、分かりやすい表現で書く。

断言して書く。

文章は3行以内に収めて書く。

画像や図を利用する。

 

そして「文章が上手く書けない」と悩んでいるあなたに。

本田技研工業株式会社の創始者である、本田宗一郎氏の言葉をご紹介します。

 

その言葉は、本田氏の講演が予定された、経営者向けの勉強会で発せられたものだそうです。

 

こんなところで遊んでいないで、さっさと帰って油まみれになって働け!

 

理論は大事です。勉強も必要でしょう。

ですが、さらに大事なのは、自分が実際に行動して経験し、その中で得たモノですよね。

 

アフィリエイトは、文章を上手く書けた方が有利なのか、と悩む時間があったら。

とにかく手を動かして文章を書いてみましょうよ。

 

書けば書くほど文章の作り方にも慣れてきますから。

そして、「そういえば文章の書き方で悩んだな」と、笑って思い出せる日が来ますから。

 

 

かーちゃんかーちゃん

「WordPressでブログを始めたいわぁ。」

よしみつよしみつ

「そんなあなたにおすすめしたいのはエックスサーバー!」

 

エックスサーバーは、国内シェアNo.1の高性能レンタルサーバー。

初心者にも安心の、手厚いサポートも付いています。

Xserver

 

 

 

スポンサーリンク