こんにちは。単身赴任中の中年ビジネスマン、よしみつです。

当記事に訪問いただきまして有難うございます。

 

本日ご紹介するのは、一人暮らしに必須の調理家電「電子レンジ」です。

あなたが初めて単身赴任するのであれば、こんな悩みはありませんか?

【あなたの悩み】

  • 電子レンジは種類が多すぎて、どれを選べば良いかかわからない。
  • 購入する際には、どんなことに注意して選べば良いのかわからない。
  • 安いものが欲しいけど、機能的に十分なのかわからない。

 

そこで、あなたと同じ悩みを抱えていた私が解決方法を提案します。

【この記事を読んで解決できること】

  • どんな機能を持った電子レンジを選べば良いか理解できる。
  • 電子レンジを購入する際に注意する点が分かる。
  • 安いものでも十分かどうかが分かる。

 つまり、一人暮らしのあなたが買う電子レンジが決められる!ということです。

 

最初にお伝えしておきますが、私が使用している電子レンジはこちら。

「アイリスオーヤマの単機能電子レンジ(ターンテーブル式)」。

温め機能しかない機種です。

 

スポンサーリンク

電子レンジに必要な3つの要件

さて、2回の単身赴任生活を経験する私は、おすすめする電子レンジの要件を以下の3点としています。

 

  • 「温める」機能のみ持つもの。
  • 価格が安いもの。
  • 庫内が広く掃除しやすいこと。

 

おすすめしたい電子レンジはこちら

この3点を念頭に、私自身の反省も踏まえ、数ある電子レンジの中からおすすめするのがこちらの商品。

アイリスオーヤマの単機能電子レンジ(フラットテーブル式)です。

ちなみに、こちらは東日本での一人暮らしをする方専用です。

 

西日本で一人暮らしされる方にはこちらがおすすめ。

 

なお、「東日本」と「西日本」の違いは、電力を供給する会社の違いです。

  • 50Hz地区 : 北海道電力、東北電力、東京電力
  • 60Hz地区 : 中部電力、北陸電力、関西電力、四国電力、中国電力、九州電力、沖縄電力
  • 50Hz、60Hzの混合地区 : 中部電力

どの電力会社があなたの住む地域に電力を供給するのか、確認の上で家電製品を購入してください。

 

アイリスオーヤマの電子レンジをおすすめする根拠

なぜ私がこちらの商品を、自信を持っておすすめ出来るのか?

その根拠は以下の通り。

 

  • 私自身が上記メーカーの「ターンテーブル式」(お皿が回るタイプ)を使っている。
  • 上記メーカーの使い勝手の良さと、「ターンテーブル式」の欠点を十分に理解している。
  • 多機能の電子レンジの欠点を経験上知っている。

 

私は家電量販店の店員ではありませんし、家電に関する知識が豊富なわけでもありません。

ですから、電子レンジに関する知識はありませんが、実際にアイリスオーヤマの製品を使用している強みがあります。

更に、私はあなたと同じように一人暮らしをする身。

その私が経験上言えるのが、「電子レンジは『温める』機能だけで十分」だということです。

そして、おすすめするのは【アイリスオーヤマのフラットテーブル式単機能電子レンジ】なんですね。

 

アイリスオーヤマの単機能電子レンジを使った感想

アイリスオーヤマの単機能電子レンジを使うようになった約1年が経過しました。

その間に感じた上記製品の良い点・悪い点をすべて書き出してみます。

申し訳ないのですが、ターンテーブル式の感想になってしまいますけど。

まぁ、大差は無いってことで。購入の際の参考にしてください。

 

良い点

  • 作りがシンプルなので、操作に間違いがない。
    出力(ワット数)とタイマーをセットすれば使えます。温め機能だけですからシンプルなのは当然かと。
  • 出力やタイマーがダイヤル式なので、操作が楽。
    タッチパネルですと、間違った場所を押してしまいそうで…。
  • 購入価格が安い。
    これは使わなくても分かりますけど。

 

そもそも電子レンジを使った調理をしなければ、温め機能以上の機能は不要でしょ?

次々に新機能が追加され、それに伴って高価格の電子レンジも増えましたが…。

どんな電子レンジも最低限持っているのが温め機能ですよね。

であれば、その機能に特化し、なおかつ価格が安いアイリスオーヤマの単機能電子レンジが最強かと。

 

悪い点

  • ごくまれに温めムラが発生する
    アイリスオーヤマの電子レンジだけの問題か、それ以外のメーカーでも発生するのかは不明ですが。
  • 掃除がしにくい。
    これはフラットテーブル式にすれば解決できますので、「悪い点」とまでは言えないですけど。

 

温めムラが発生した時は、再度加熱してムラを解消しています。

朝食・夕食ともに必ず電子レンジを使っていますが、今のところ不具合も発生していません。

兎に角シンプルですが、一人暮らしにはアイリスオーヤマの単機能電子レンジで十分満足。

 

とはいえ、世の中には多くの機能が付いた電子レンジも出回っているわけで。

あなたの生活スタイルに合う電子レンジについても、詳しくご説明することに致します。

 

電子レンジの種類

まずは電子レンジの種類について把握してきましょう。

電子レンジは、以下の3つに分けられます。

  • 単機能電子レンジ
  • オーブンレンジ
  • 過熱水蒸気オーブンレンジ

それぞれの違いについてざっくりとですがご説明しておきますね。

「オーブンレンジ」や「過熱水蒸気オーブンレンジ」が、あなたの一人暮らしにとって必要以上の機能を有していることが理解できますから。

 

単機能電子レンジとは

食材を温める機能(単一の機能)だけが付いているレンジのことです。

物を焼く機能は備わっておらず、「温める」という一芸に秀でた電子レンジですね。

出力ワット数と時間を設定するダイヤル式のものが多く、操作も簡単。

ダイヤル式だけでなく、マイコン搭載のボタン式のものもあります。

 

オーブンレンジとは

食材を温める機能に加えてオーブン・グリルなどの調理も可能なタイプの電子レンジです。

オーブンやグリルが使えるので、パンを焼いたり肉を焼いたりすることも可能。

一人暮らしとはいえ、しっかりと料理をしたい方向けといえるでしょう。

機能が増えるためボタン式になっていることが多く、本体サイズも単機能電子レンジよりも少し大きくなります。

 

過熱水蒸気オーブンレンジとは

過熱水蒸気を利用して食材の脂を落とし、よりヘルシーに焼き上げられる「ノンフライ調理」が可能な電子レンジ。

素晴らしい機能だと思いますが、安くても2万円以上する価格を考えると…。

一人暮らしをする方には、少々贅沢品だと言えましょう。

 

さて、あなたは一人暮らしを続ける中で、生地からパンを焼いたり、パーティーで出されるような肉料理を作りますか?

もしくは、ヘルシーに食材を加熱できる「ノンフライ調理」で、料理のレパートリーを広げる努力をしますか?

 

改めて一人暮らしに必要な電子レンジの要件を考える

電子レンジの種類を把握したところで、改めて一人暮らしに必要な電子レンジの要件を考えてみましょう。

冒頭では以下の要件を挙げました。

 

  • 「温める」機能のみ持つもの。
  • 価格が安いもの。
  • 庫内が広く掃除しやすいこと。

 

この要件があなたの生活スタイルに合うか、もう一度考えてみましょう、ということです。

例えば、平日は朝早くから夜遅くまで仕事、休日は家でゆっくり休む。

例えば、1日に電子レンジを使う回数は片手で十分。

例えば、一人暮らしが長引けば、いずれ料理はしなくなる気がする。

 

如何でしょうか。

早速上記の3要件がどんな意味を持つか、ご説明しましょう。

 

求める機能は「温める」だけ~要件その①~

一人暮らしに必要な機能は「温める」ことだけ。断言できます。

グリルで肉が焼きたい?フライパンで代用できます!

オーブンでグラタンを作りたい?材料費まで考えたらサイ〇〇アで食べた方が安いから!

 

グリルやオーブンなど、色々な機能が付いていても操作が面倒ですから。

何よりも使いこなせませんしね。(って私だけ?)

作り置きのおかずを温めたり、冷凍ご飯を解凍する機能があれば十分なのです。

 

なぜこれほどまでに「温める」だけの電子レンジにこだわるのか?

それは、実家で使っていた多機能電子レンジの末路を知っているから。

20年以上前に当時の最新式の多機能電子レンジを母が買ったのですが、次第に様々な機能は使わなくなったんです。

買った当初は、特にオーブン機能も随分活躍したんですけどねぇ。母は料理が好きでしたし。

でも、次第に面倒になったんでしょうね、年齢とともに。

そのうちにその電子レンジに不具合が出るようになり、結局温める機能しかない電子レンジを買い直したんですよ。

 

単身赴任で一人暮らしをするあなたは、平日は料理をする余裕はないでしょう。

電子レンジを使うシーンとしては、作り置きのおかずやコンビニ弁当を温める程度ではないでしょうか。

休日はゆっくりと休みたいでしょうから、やっぱり手のかかる料理は作りたくないはず。

とすれば、グリルやオーブンの機能を必要とする理由はありませんね。

繰り返しになりますが、一人暮らしに必要な電子レンジの機能は「温める」ことだけなんです。

 

価格は安いものであればなお良し~要件その②~

電子レンジに求める機能を「温める」事だけに限定した時点で、価格を抑えることが出来ます。

ですが、さらに安く抑えるコツはネームバリューにこだわらないこと

家電製品の生産は日本のお家芸ですから、電子レンジも多くの有名メーカーが生産しています。

ですが、有名メーカーのものは同じ機能であってもやはり高いんですよね。

 

有名メーカーというブランドの力を否定するつもりはありませんが、一人暮らしで見栄を張っても仕方ないでしょ?

電子レンジを「モノを温める家電製品」だと割り切れば、ブランドにこだわる必要は全くなし!

少しでも安く購入して、生活費を抑える方向に頭を切り替えましょう。

 

庫内が広くて掃除しやすい「フラットテーブル式」であること~要件その③~

電子レンジを使っていると、意外に汚れが付きやすいことに気づくでしょう。

例えばこんな感じです。

これは手前の汚れですが、奥に汚れが付いた場合は手を伸ばして掃除する必要があります。

また、ターンテーブル式ですと、皿を外して掃除をしなければなりませんし。

実際、電子レンジの庫内って結構汚れますから。

掃除が面倒なんですよ。ターンテーブル式の電子レンジを買った私の反省点ですね。

 

それに、ターンテーブル式の電子レンジは皿が回ることで熱を全体に伝えますから、皿が回らないほど大きなものは温めにくいのです。

要は、皿の直径以上のものは「温めムラ」が出来てしまうということなんですよ。

その点フラット式であれば、コンビニの弁当も楽に温めることが出来ます

当然掃除も楽々。

掃除のしやすさとコンビニの弁当も楽に温めることが出来る広さ。

この要件も、一人暮らしのあなたが電子レンジを選ぶ際に欠かせない要件といえるでしょう。

 

まとめ

一人暮らしをするあなたの生活スタイルが、以下のようなモノであれば。

  • 平日は朝早くから夜遅くまで仕事、休日は家でゆっくり休む。
  • 1日に電子レンジを使う回数は片手で十分。
  • 一人暮らしが長引けば、いずれ料理はしなくなる気がする。

 

あなたが選ぶべき電子レンジの要件は以下の通りです。

  • 「温める」機能のみ持つもの。
  • 価格が安いもの。
  • 庫内が広く掃除しやすいこと。

 

そして、2回の単身赴任生活を経験し、あなたと似たような生活を送る私がおすすめするのがこちら。

アイリスオーヤマの単機能電子レンジ(フラットテーブル式)です。

 

こちらは東日本での一人暮らしをする方専用です。

 

西日本で一人暮らしされる方にはこちらがおすすめ。

 

この記事が、電子レンジ購入を検討するあなたのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク